マスクのキーフレームでベジエを使えない時の対処法

投稿 2015年3月22日 | 更新 2017年11月26日 | 0件のコメント | マスク


マスクパスに動きを付けようとしてキーフレームを設定した時にキーフレームの補間方法をベジェに設定できなかった場合の対処法です。

追記 2015.11.18
2015/10/30に公開された EDIUS Pro8.1(Ver.8.10b188)ではEDIUS 8 リリースノート Ver.8.10b188に「マスクフィルターを設定する際、ベジェ曲線を使用してマスクシェイプを設定できない。」という不具合を修正・改善した書かれていたのでそのような仕様かと思ってましたが不具合だったみたいです。尚、現時点でNeo3.5(Pro6.5)のアップデータは公開されてないので引き続きシェープにベジェを設定できない状況は変わらないみたいです。

原因はシェイプ!?

実は補間方法のベジエが使えないのはシェイプ内にあるシェイプ1、シェイプ2…の項目だけなんですがすべての項目にチェックを入れているとシェイプのせいでほかの項目までベジエが使えなくなってしまいます。なのでシェイプ1に入っているチェックを解除するだけでシェイプが使えるようになります。

因みにシェイプとは動画のように頂点のひとつひとつを動かしてアニメーションにする時に使用する項目なんですがかなり凝ったことをしない限り使用することのない項目なのでチェックを解除して構いません。

あと、ペジエだと思ってたんですが綴りを調べたらベジエ(Bézier)だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.