テンプレート #01 スライド・イン&アウト スライドショー


スライドショーのテンプレート(ひな形)を作ったのでどのくらい需要がある分からりませんが配布します。ベースとなるテクニックはクールなスライドイン・アニメーション回転棒による表示・非表示アニメーションなどを使っていますので詳しく知りたい方はそちらを参考にして下さい。

テンプレートの使い方

画像1、画像2、画像3 ・・・ 画像8とあるシーケンスにデュレーションが4秒以上の画像(動画)クリップを配置、または置き換えし、オープニングタイトルとエンディングタイトルを設定します。

あと、「背景シーケンス」などのIn/Out点が設定されているものはその長さ以上に設定します。

スライドショーの長さとBGMと長さを合わせる初めてのEDIUS 16.実践!ネストシーケンスをご覧下さい。 尚、ブレンドフィルターなどのエフェクトを多数使っているのでかなり重たいので「選択クリップのレンダリング」などのレンダリングをうまく使って編集して下さい。

画像の枚数を増やすには

画像の枚数を増やすにはビンのROOTフォルダを選択した状態で「画像1-2シーケンス」などの参照したいシーケンスを選択します。

右メニューにある「シーケンスの複製」をクリックして複製を作成します。

尚、ビンの検索でシーケンスの分類フォルダを作成しているフォルダ(図1にある「TLシーケンス」など)にあるシーケンスの右メニューでは表示される内容が異なり、シーケンスの複製を作れないです。

因みに複製されたシーケンスは「画像1-2 – (1))」などの元のシーケンス名にナンバリングが追加された名称が付けられます。

シーケンスをダブルクリックしてタイムラインとして開き、あとはタイムラインにあるTLシーケンスクリップを好きなクリップに置き換え(Shift + R)るだけです。クリップに動きを付ける場合は同様な感じで「画像1シーケンス」を複製して「画像9シーケンス」などを作成します。

ダウンロード

ファイルの内容はサンプル動画から画像を差し替えた隣の動画のプロジェクトファイルになります。動画内で使用している音声ファイル(YouTubeのオーディオライブラリーよりDL可)は入っていません。Zipファイルの解凍方法やプリセットのインポート方法などについては「配布ファイルの利用について」をご覧下さい。

slideshow_template_01.zip [830KB]

関連カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です