WDパープルの買ったのでベンチ計測してみた

投稿日:2015/5/9 更新:2019/3/22 コメント 0件 自作パソコン ,


メイン機のHDDに入っている捨てるに捨てられないデータ用(1TB)が邪魔なのでHDDを買いました。
安くてWesternDigital、Seagage、Hitachiならどこでも良かったんですが、
一応、直ぐに壊れたら面倒なので中古品でも一ヶ月保証のあるソフマップで物色してたら
2014年発売の WDのパープル(WD10PURX-64D84Y0) が売っていたので思わず買っちゃいました。
パープルは良く分かりませんが監視カメラなどの用途に使うのに最適化されてるらしいです。

R0021091RR_R_20150509212721973.jpg

R0021092RR_R.jpg
赤いシールは検品済みの証?

R0021096_R.jpg

実は中古品のHDDを買うのは今回で二度目で
一度目は WD10EADS の基板が焼けて壊れたので基板だけ移植してみようと
オークションで壊れたHDD(1TB)を安価で買ったことがありました。
※壊れたのは2012年10月で壊れたHDDを購入して基板の移植をしたのは2014年です。

残念ながら基板を移植しても直らなかったんですが、
接点を紙やすりで磨いてから元の購入したHDDに付け直したらなんと復活しちゃいました。( ̄ー ̄)ニヤリ

■ベンチ計測
電源投入回数30回で使用時間が4233時間ということは
週6日間は付けっぱなしで一日だけ電源オフしているような
まさに監視カメラ用HDDの名の通りの使い方をされていたのかも知れませんね。

win7_2015_a_318.jpg
CrystalDiskInfo

win7_2015_a_323.jpg
CrystalDiskMark

win7_2015_a_328RR.jpg
Data Lifeguard Diagnostic for Windows QUICK TEST

win7_2015_a_319RR.jpg
SPECCY

win7_2015_a_336RR.jpg

RMAも2年ほど残っていましたヽ(´▽`)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください