グリス用の鏝(コテ)を作ってみた!

投稿日:2016/7/22 更新:2019/3/22 コメント 0件 自作パソコン


昔、このような製品があったかも知れませんが、
サーマルグリスを塗るための鏝(コテ)を作ってみましたw。

先日、レビューしたエンジニア ポケットベンダー(金属曲げ道具) TV-40で持ち手を作成し、
裏にプラ板(シール付き)を貼り付けただけの簡単な構造です。

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

プラ板はKP268-Tというプレートを使用しました。
余談ですが両面テープが隅まで貼られてなかったので
貼りなおそうと思って剥がしたんですが
かなり強力に接着していてかなり苦労しました。

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

最初にKABUTOに塗ってみたらコテの引き跡が酷い状態に…w。

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

何度か練習してたらこんな感じまでできるようになりました。
ただ、プラ板がちょっと凸凹した感じの表面だったので鏝跡が残ってイマイチな感じですが
プラ板の表面がもっとツルっとしたものに変更したらもう少しいい感じになりそうです。
※ グリスはThermaltakeのTG-2(CL-O0028-A)を使用。

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

グリスがコテ裏にもべったり付着していて拭き取りが面倒でした。

サーマルグリス 鏝 コテ 自作 左官 冷却 TG-2 CL-O0028-A Thermaltake サーマルテーク

最初は難しかったですが慣れたらいい感じに
グリスを伸ばせたので意外にいいかもしれません。

硬いグラスの時はヘラ(AINEX GH-01)では塗りにくい感じでしたが、
これなら上から力を込めて塗れるのでより薄く引き伸ばせそうです。

200円くらいだったら買うのでAinexさんに製品化して欲しいですね。
あと、コテ板もあると面白いかも…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください