6TB HDD 2台目を追加購入 WD60EZRZ-RT

投稿日:2019/3/16 更新:2019/3/19 コメント 0件 自作パソコン , , , ,


3TBのWD30EZRZの挙動というか正常に動作しているんですがCrystalDiskInfoで警告音が鳴ったり、Windows用Data Lifeguard Diagnosticの簡易テストでエラーを吐いたりするので半年ぐらい先に購入予定だった6TB HDD(WD60EZRZ-RT)を前倒しで購入しました。

 

 

外観が変わってる?

アマゾン梱包。

元箱やESD(帯電防止)バック、プチプチなどはRMAを受ける時に再利用できるので保証期限内はとっておいた方がいいです。

アマゾンで先月購入したものと型番的には全く同じでフォームウェアも同じなんですが外観がなんかちょっと変わってました。

ちょうどプラッタの上あたりにある黒いパーツは前と同じなんですが…。

下の部分がサンドブラスト処理されたように艶消しされていてちょっとおしゃれな感じになってました。

下図は2月に購入した最初のヤツ(黄色いシールが目印)の画像ですがどう見ても変わってますよね。「DEC 2018」とあるので昨年の12月製造のようです。

今回購入したものは「FEB 2019」とあるので今年の2月に製造されたもののようです。

端子チェック。

今回もフルフォーマットは行わずクイックフォーマットで済ませました。

 

 




CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo(CDI)は機能設定からシリアルナンバーを隠すことができるのでずっとそうしてたんですが同じ製品を複数持っているとシリアルナンバーが分からないとどちらのHDDのキャプチャ画像か判別つかなくて困ることがったので今回からシリアルナンバーは一部だけ隠すことにしました。尚、フォーマット後に再起動していないのでドライブ文字が「Disk2」になっています。

 

 

CrystalDiskMark

前のヤツと大差ない感じです。取り敢えず購入時のデータはこのようにWEBに保存しておくと何かあった時にヒントになったりするんですよね。

 

 




コピー時間

BunBackupでデータを丸ごとバックアップ(コピー)してますが21時に開始して翌日の9時過ぎにようやく終了しました。4.14TBのデータでしかもワードプレスひとつだけでも1700以上のファイルがあるのでそれがバックアップや試作したものなどかなりあったのでファイル数を調べたら949,517ファイルありました。まぁ~これだけ多いといくらSATA接続でも時間が掛かりますよね。

転送しているファイル容量によっても変わるでしょうけどタスクマネージャで確認すると大体120MB/s前後の速度で転送されていたようです。

 

 

製品登録

WDサポートポータルにログインして製品登録をします。シリアルナンバーはCrystalDiskInfoで確認できます。ハイフンより前に必要ありません。

実際に検証したことがないので分かりませんが誰かが勝手にシリアルナンバーを登録していると登録できないということも考えられるのでCrystalDiskInfoの画像などをWEB上に公開する時は注意する必要があるのかも知れません。

メールが届きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください