Cooler Master ATX 24 Pin 90° Adapterを購入!CMA-CEMB01XXBK1-GL

投稿日:2019/3/12 更新:2019/6/7 コメント 0件 自作パソコン , , , , ,


「Cooler Master ATX 24PIN 90度 Adapter 90度変換アダプタ CB1736 CMA-CEMB01XXBK1-GL」のレビューです。

製品ページ

 

 

購入理由

もっと安価な製品はありましたがトップ部分がスポンジだったりして安っぽく見えたこと、聞いたこともないメーカーはやっぱ怖いということ、クーラーマスターのヤツは電源のリップルノイズを抑えるためのコンデンサ内蔵というのに興味が引かれてこの製品を購入しました。

 

 




画像中心のレビュー

内容物。

多言語マニュアル(3年保証と記載)。

艶消しのブラックっぽい感じで質感は樹脂製にしてはそれほど安っぽくないです。

オスメス両端にちゃんと抜け防止のツメが付いています。

24pinは実は23pinだったりするんですがそのダミーピンもあります。

なんかバラせそうでしたが止めました。

ツメ部分の構造はなんか造りが複雑でコストが掛かってる感があります。あとツメ(右)の下に穴からなんか基板らしきものが見えてました。

横幅約15.5mm。

高さ約26.0mm。

横幅約58.0mm。

 

 

取り付け

使用している電源はシーソニック SSR-750FX、マザーボードはASRock Z390 Phantom Gaming 6です。それにしてもシーソニックのケーブルはイカ墨パスタみたいで美しくないですよね。図ではUSB3.0のL字コネクタ(USB-018)を取り外してますがギリギリで挿さります。

「CableMod PRO ModMesh延長ケーブルキット – ブラック/ブラッドレッド」の24pinスリーブケーブル(後日レビュー予定)に取り付けると一気に高級感が増した感じがします。

USB3.0のL字変換コネクタ(USB-018)は存在感があり過ぎて目障りだったのであとで外しました。尚、画像ではコネクタの上部がちゃんと挿さってませんがあとでちゃんと挿しました。

裏配線。

 

 




評価

このコネクタを付けると短いスパンで90°曲げることになるのでコネクタ部分にかなり負荷が掛かっている気がします。スリーブケーブルを直接基板のコネクタに挿してU字になるようにケーブルホールを通した方が負荷が掛からないなぁ~とは思いました。

コネクタだけで2,868円もしたので勿体ないので使いますがはっきり言ってこのコネクタなしでスリーブケーブルだけでも良かったとかなぁ~とは思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください