Quadro 2000導入 ~ 画像 & 情報編 ~

投稿日:2014/6/11 更新:2019/11/14 コメント 0件 自作パソコン ,


前回の「【AE】 Quadro 2000導入 ~ グラボ選別 & 購入編 ~」の続きです。

じゃんぱらで購入したものが無事に届きました。
初グラボということで初期不良保証のあるショップで購入したんですが、
ドライバーを入れたら問題なく動いてるみたいです~。ε- (´ー`*)フッ

ドライバのダウンロード

今回は外観や基本情報がメインの記事になります。
公式なスペックは ⇒ こちら

Quadro 2000

ファンは4pinです。

Quadro 2000

ファンの製造年月日は、2011/12/22 と表記されていたので
この製品自体も製造されてからまだ3年も経ってないということでしょうね。

Quadro 2000

温泉マーク?(シール)は”熱いので触るな!”ということですかねw。

Quadro 2000

左から DisplayPort、DisplayPort、DVI です。
コネクタは3つありますが2画面出力までしか対応していません。
尚、KeplerのK2000だと3画面まで対応していて、更に、
デイジーチェーン接続なるものを行うと単体でも4画面出力までできるみたいです。(・_・)エッ….?
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/quadro_k2000/index.html

Quadro 2000

ファンの上下の吸気口から吸い込んだ空気がカバーの内を通り抜けて冷却する仕組みみたいですね。

Quadro 2000

吸気された空気が格子状のヒートシンクを抜けて排気されます。
ただ、熱い排気が直接、コンデンサ等に当たってるのがちょっと気になりますね。

Quadro 2000

取り付けたらこんな感じです。

Quadro 2000

■GPU-Z

Quadro 2000 GPU-Z
※PhysXのドライバは入れてません

■SPECCY

Quadro 2000 speccy

SPECCYの情報によると、
負荷により3段階のパフォーマンスレベルに変化するみたいです。
アイドル時やWeb閲覧程度ならレベル1でコア温度も40℃前後を推移してますが、
デュアルディスプレイにするだけでレベル3になりその時のコア温度は60℃前後を示しています。
※ 室温27℃前後

▼ Level 1 – “Dedault”
GPU クロック      50MHz
メモリークロック    135MHz
シェーダークロック  101MHz

▼ Level 2 – “2D Desktop”
GPU クロック     405MHz
メモリークロック    324MHz
シェーダークロック  810MHz

▼ Level 3 – “3D Applications”
GPU クロック      625MHz
メモリークロック    1304MHz
シェーダークロック  1251MHz

■エクスペリエンス インデックス

まず、Quadro 2000を取り付ける前のエクスペリエンス インデックスです。

Intel Graphincs HD 3000 エクスペリエンス・インデックス

こちらがQuadro 2000を取り付け後のエクスペリエンス インデックスです。

Quadro 2000 エクスペリエンス・インデックス

■どこの製品なの?
型番などが一切記載されてなかったのでどこの製品かよく分からない買ったんですが、
たぶん、同じ画像だったPNYの VCQ2000-PB だと思だろうと思ってましたが、
GPU-Zの情報だとHP(103C)とあるのでヒューレット・パッカード製パソコンに付属していたものみたいですね。
とこかでHP製のものは専用ドライバがないと動かないという情報を見かけましたが今のところ問題なく動いてます。
ただ、型番については未だに分かりませんw。

あと、前回の記事 でリビジョン違いの後期モデルみたいなことを書きましたが、
GPU-Z(0.7.8)ではリビジョンA1、SPECCY(v1.26.698)ではリビジョンA2となっていました。

コア温度や消費電力など情報は後日また記事にする予定ですが次回は分解しま~す。

(o^-^o)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください