文字入力時に F10 or F9 で英語に変わらない?!~G512が原因だった…

投稿日:2021/12/2 更新:2021/12/2 コメント 0件 Windows , , , , ,


英語を入力する際に入力モードを変更したくないのでかな入力のままで「いしになと」などと平仮名を入力し、ファンクションキーの「F10キー(全角の時はF9)」を押して「EDIUS」などの英単語に変換(確定)しているんですが、Windows 11 Pro(21H2) にしてからできなくなりました。

 

 

原因はロジクールのゲーミングキーボード G512r-LN

いろいろと調べた結果、ファンクションキーがまったく効いていないことに気付き、そういえばロジクールのキーボード「G512」にはそれらのキーを設定できていたなぁ~とググったらやっぱりこいつが原因でした。

このキーボードを購入後(Windows 10)した時はすぐにキーボード用のアプリ「Logitech G HUB」というアプリをインストールしてLEDを制御したので気付かなかったんですが、アプリを入れると自動的にWindows標準のファンクションキーが無効になるようです。

このトラブルに遭遇した時には、ロジクールゲーミングマウス「G300」用のソフトウェア「ロジクールゲーミングソフトウェア(LGS 9.02.65)」しかインストールしてませんでした。

 

 




Windows 標準のファンクションキーを有効にする

「Logitech G HUB」を入れるとそちらでもできるんですが、設定方法が分かりにくいですし、「LGS」だけでもG512のLEDの制御(設定)はできるのでこのソフトだけで運用することにしました。

LGSでWindows 標準のファンクションキーを有効するにはプロファイルを選択して、アイコンの右下にある小さな三角形をクリックしてメニューを開き、「すべてのGキー」→「一般を使用」を選択するだけです。

メッセージが表示されますが「はい」を選択。

すると下図のようにファンクションキーにWindows 標準のキーを割り当てることができます。この作業をプロファイルの数だけ行います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です