カメラ用ボディバック「off toco(オフトコ)」購入レビュー!DGB-S040BK エレコム

投稿日:2021/3/31 更新:2021/3/31 コメント 0件 カメラ , , , , ,


エレコムダイレクトショップ(楽天市場)でカメラバッグ(DGB-S037NV)を買った時にショルダータイプのボディバッグ「DGB-S040BK」も安かったので一緒に購入しました。因みに購入価格は748円だったんですが価格.comでは2千円前後で売られているようです。

 

“off toco”カメラボディバッグ DGB-S040シリーズ 購入レビュー

使い勝手のレビューと言うよりは機能中心のレビューになります。

ちょっとグレイがかった黒でいい色です。

DGB-S040BK

ダブルファスナーを一気に開閉できるハンドルはほんと優れものです。

ダブルファスナーの材質はシリコンだと思います。

目立つようなほつれもなく縫製はいい感じです。

背面にあるポケット(背面スマホポケット)には、スマホ(AQUOS sense3 SH-M12)は手帳型ケースに取り付けたままでも収納可能でした。因みに反対側にも同様なポケットがあります。

ファスナー開口部の長さは 18 cm、深さは 10 cm ほど。

ダブルファスナーの誤開閉を防ぐ簡易ロックボタンをロックできます。ただ、スナップボタン式なので急いでいる時はちょっと面倒いかも知れません。

簡易ロックボタンを閉じた状態。

裏面には何もありません。

肩ひも部分はスポンジが入ったような柔らかい素材で出来ています。

肩ベルトの固定金具は左右にあります。

肩ベルトのバックルはワンタッチ式で簡単に着脱可能。

底面はちょっと斜めになっているので基本的には自立させることはできません。

サイドポケットのサイズは、幅 5 x 深さ 9 cm ほど。ライター2本がぎりぎり収まる程度の広さです。

アマゾンには「側面カードポケット」と記載されていたのでそのような意図が作られてるんだと思います。

サイドポケットに何かモノを入れる時はそのままで入れられますが出す時は図のように布をめくってから取り出す感じです。

ロゴは樹脂製で接着されているようです。

開閉部にはマチが付いているので広く開閉できています。

内部には仕切りがあるんですが片面が縫い付けられているので自由度は低いです。

そんな感じの作りなので仕切りは下部にレンズ等を入れておかないと下に下がっていくと思います。

仕切りからトップまでは 約 12 cm ほど。

底面からトップまでは 約 23 cm ほど。

上部収納スペースには横幅 10 cm、深さ 7 cm ほどのメッシュタイプの内ポケットが付いています。

下部収納スペースの方にも深さ 5 cm ほどのポケットがありました。

ネジが付いているところには磁石が内蔵されています。

下図は外径 58.8 mm × 約 63.5 mm の単焦点のマクロレンズ「LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S. [H-HS030] 」なんですが、このくらいのものまでがちょうど収めやすく出しやすいサイズ感だと思います。底面がちょっと斜めになっているので図のような配置すると収まりがいいです。

LUMIX GF9にマクロレンズを付けた状態でもなんとか横に収めることは可能でしたが、色々なところに接触していますし、出し入れしづらいのでこの入れ方は使いたくないですね。

所有しているGF9用のマイクロフォーサーズマウントの付属レンズ2本とマクロレンズ1本を取り付けた状態で全部収まるか試してみました。

下部に単焦点レンズと標準レンズの2本を収納。

仕切りを倒してカメラはレンズを上向きにして入れてみました。

ファスナーが閉まらなそうに見えますがなんとか最後まで閉められました。

製品ページには「ペットボトルや長財布もピッタリ収納可能な2style仕様…」とか記載されていますが500mlのコーラは最後まで閉めることはできません。

高さ 21.5 cmの「象印 マグボトル SM-ZA48-WM(480ml)」もファスナーを閉め切ることができません。

時計とか体に付けるものは苦手な体質なので慣れてないだけだと思いますが、実際にからって(方言で「背負う」の意味)みるとなんかしっくりこないですね。暫く使ってみて何かあれば追記したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です