購入1年のHDD(WD30EZRZ)の健康状態が早くも注意状態に!

2017年10月2日 2018年1月10日 0件のコメント 自作パソコン , ,

健康状態「注意」

1~2週間前の話なんですが、PCから聞きなれない警告音がなりそれが何のソフトからか分からずに色々と調べていたらCrystalDiskInfoで3TB(WD30EZRZ-00Z5HB0)のHDD(Mドライブ)の健康状態が「注意」になっていました。

 

▼CrystalDiskInfoの警告音

 

あと右端にも注意状態のHDD(G,Tドライブ)がありますがこれ2015年3月頃に異音がして注意状態になったHDD(WD40EFRX)なんですが現在もまったく問題なく稼働しています。尚、「生の値」の表示方法は「機能」→「上級者向け機能」→「生の値」→「10 [DEC]」で10進法に変更しています。

壊れ掛けのHDD…

このHDDは昨年の9月と10月に合計3個購入したもののどれかなんですがどちらにしても1年経っているか経っていないかの状態で黄色信号とはちょっとビックリです。エラーが表示されているのは「代替処理保留中のセクタ数」と「回復不可能セクタ数」なんですが、まぁ~WD40EFRXのこともあるのでこの数値はあまり当てにしていないというか、基本的にHDDの温度監視用として使っているのでエラーの意味すらよく分かりませんが、取り敢えず早急にバックアップだけ取っておきました。

 

 

「C5 代替処理保留中のセクタ数」の値に変化が…?!

「C5 代替処理保留中のセクタ数」とはファームウェアによって認識されている不安定なセクタの数だそうです。よく分かりませんが保留中とある文字がある通り、これは一時的なもので次回の読み出しに成功すればこの数値は減少するそうですが、実際数日後にいつの間にか「代替処理保留中のセクタ数」の注意表記は消えていました。

 

 

保証の確認

WD30EZRZはアマゾンとソフマップで合計3個購入していてAmazonで買ったものなら2年半、ソフマップで買ったものなら2年の保証があるんですが、エラーを吐いたHDDがどこで購入したものか分からなくなったんですがこんなこともあろうかと購入時にWesternDigitalに製品登録していたのが幸いしました。WesternDigitalにログインしてそちらから調べたらソフマップで購入したものでした。「C6 回復不可能セクタ数」は減るものではないようなので黄色のままですが取り敢えずはまだ300日以上保証期間(RMA)が残っていますし、異音なども全くないのでこのまま使い続けて様子見します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.