【Xサーバー】WebFTPで文字コードエラーの画像を発見!

投稿日:2019/11/25 更新:2019/11/25 コメント 0件 エックスサーバー , , ,


エックスサーバーのファイル管理ソフト「WebFTP」の中身を覗いていた時に「…/wp-content/uploads/」にある6枚の画像ファイルが「(文字コードエラー)」と表示されていました。

 

 

ダウンロードしてみる!

ファイルをクリックするとダウンロードできるのでダウンロードしてみました。

動画ファイルは拡張子を変更したりするとサムネイルが表示されることがありますが、JPGやPNGの拡張子を付けても変化なし。

そもそも容量が「0 バイト」なので壊れているのかもよく知れませんし、セキュリティの項目には「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。」となっていたので「許可する」にチェックを入れてみましたが特に変化はありませんでした。

JPGの拡張子を付加させたら画像編集ソフト「MassiGra」のアイコンに変化しましたがそれ以降はお手上げで諦めました。

コアサーバーからエックスサーバーに移転した時にデータをアップロードしたんですが、その時になんらなかの問題があったんでしょうねぇ。

 

 




文字コードを変更

文字コードエラーのファイルのひとつにチェックを入れて文字コードを「UTF-8」に変更したらページがトップページに移動して「文字コードを変更しました。」と表示されるとともにエラーファイルが無くなっていました。

ただ、WebFTPではファイルの総数とか総容量とか一切分からないので消えてなくなったのかもしれませんし、FileZillaで該当フォルダ等をバックアップ(ダウンロード)していた時なのでもしかしたらその影響かも知れません。因みにコアサーバーのFTPソフトやFileZillaでは文字化けするファイルはありませんでした。

あとサーバーにアップロードする前にファイル数を調べたら「33,305」、文字化けファイルが消えたあとのファイル数をFileZillaで調べたら「33,301」となっていました。本当に減ってしまっていたのならプラグインの「Broken Link Checker」などで調べる必要がありますね。

後日、何枚がリンク切れで表示されない画像がありました。

エックスサーバー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください