Windows 10 コロナの影響でライフサークルが変更(延長)されていた!

投稿日:2020/4/29 更新:2020/4/29 コメント 0件 Windows , , , ,


現在、メインのOSはWindows 10 Pro バージョン 1809を使用しているんですが、リリースから18か月ほど経つのでちょっと前から「更新とセキュリティ」のページに以下のようなメッセージが表示されるようになりました。

現在使用中の Windows は、サービスの収量が近づいているバージョンです。
最新バージョンの Windows 10 に更新して、
最新機能やセキュリティ強化を入手することをお勧めします。

1809のサポート期間は確か、2020年5月の中頃(正確には5月12日)までだったのでそろそろM.2 SSDを購入して準備しようかと思って「さらに詳しく」からサポート期間を調べたら11月10日になっていました。

Windows 10バージョン1809(Home、Pro、Pro Education、Pro for Workstations、IoT Core)。
このバージョンの最終的なセキュリティ更新プログラムは、2020年5月12日ではなく、
2020年11月10日にリリースされます。※Google翻訳

この変更は購入衛生上の問題により、サポート及びサービスの終了日が延長されたそうです。記載はされていませんが間違いなく新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響だと思います。

ライフサイクルがサポート終了日とサービス日に変更(英語)

購入しようとしていたM.2 SSD(WDS100T2B0C)がアマゾンで入荷時期未定になっていたので秋まで延長されるのは助かりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください