Hianjoo AQUOS sense3 手帳型ケース 購入!SH-M12対応 10AQS35-B

投稿日:2020/2/9 更新:2020/2/9 コメント 0件 スマホ , , , , ,


アマゾンでAQUOS sense3 SH-M12用に「Hianjoo AQUOS sense3 SH-02M 対応 ケース 手帳型, AQUOS sense3 SHV45 対応 ケース, AQUOS sense3 lite SH-RM12 対応 ケース PUレザー カード収納 横置きスタンド機能付き マグネット式 耐衝撃 全面保護 スマホケース Android One S7 lite 対応 [ブラック]」という長ったらしい商品名の手帳型タイプのスマホケースを買ってみました。

 

レビュー

Fire7やFire8では外出時や車の中では写り込みがひどくてノングレア(非光沢)の保護シートを貼らないとまともに見えませんでしたが、AQUOS sense3 SH-M12は液晶の明るさを上げると保護フィルム無しでもあまりストレスを感じずに使用できたので手帳型ケースだけで運用してみようという感じで買いました。

厚みの画像は撮り忘れたんですが留め具なしで17mm、留め具を含めると20mmぐらいです。

「Hianjoo」の刻印。

イヤホンマイク端子側。

穴径は8mmほど。

材質はPU(ポリウレタン樹脂性)レザーだそうです。

USB Type-Cの穴径は14mmほど。

スマホの収納部分は柔らか目の素材で出来ています。

カバー裏はちょっと起毛があるスエードのような感じの質感。

文字の部分は刻印されています。

一番長いところには140mmぐらいのものを収納可能なんですがお札は畳まないと無理でした。

深さは約60mm。

カード幅は53mmほどまで収納可。中に厚紙のようなものが1枚入っているようです。

深い方の深さは95mmほど。

浅い方は80mmほど。

裏地は白い光沢感のあるサテン生地のようなものを使用。

サイドのボリュームボタンと電源ボタンは樹脂越しに押すことになるのでちょっと押しづらいです。

レンズ用の穴もきれいに加工されています。

豚の鼻みたいなのがストラップを取り付けるための穴だと思います。

ストラップの紐を折り返しを通すのが非常に難して苦労したんですが、後日先端にマスキングテープなどで巻いてやったら比較的簡単に通せました。

鉄の定規がくっ付いているところにも磁石が内蔵されています。

そのおかげで立てた時にも留め具部分がプランプランせずに固定できます。

 

 




まとめ

千円程度の価格で2年保証も付いているのでほぼ満足です。唯一の不満はブラックだと暗いテーブルの上などの置いておくと置き忘れしそうになったので別に色にすればよかったかなぁ~という感じです。

あと購入して2か月以上経ちますがマグネット式フリップ部分にヒビが入ってました。ただこれは頻繁に開け閉めするところなので仕方がない部分だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください