工具のすべり止めに最適かも…! 購入レビュー ヨネックス ウェットスーパー極薄グリップ AC130

投稿日:2022/8/14 更新:2022/8/27 コメント 0件 工具 , , , , , ,


ドライバーなどの一部の工具がなんかツルツルして感触が悪いのでテニスやバドミントンなどのラケットのグリップに巻く「YONEX(ヨネックス) ウェットスーパー極薄グリップ AC130 (007)ブラック」という商品を買ってみました。価格はアマゾンで284円でした。

 

ヨネックス ウェットスーパー極薄グリップ 購入レビュー

パッケージ表。

パッケージ裏。

上のものがグリップ(幅25×長さ1200×厚さ0.4mm)で下のものは巻き終わり貼るテープです。

グリップ:幅25×長さ1200×厚さ0.4mm

巻き終わりのテープ:幅11×長さ160cm

薄い保護テープが貼れているのでこの質感ではありません。

裏面の巻き始めのところにだけ両面テープが貼られていてそれ以外のところは何も貼られいないのでエンドテープ(フィニッシュテープ)が必要という訳です。

表面の保護シートを剥がしながら貼っていくんですが、どちらの面にも巻き始めの両面テープ以外の部分には粘着剤は付着してません。

取り敢えずこちらのドライバーに貼ってみました。

ゴム(ポリウレタン)みたいに伸びる素材なのでいい感じに重ねて伸ばしながら巻いていきます。

巻き終わりのところでカットしたら本来はエンドテープを固定するんですが取り敢えず両面テープを貼って固定してみました。

ちょっと巻き終わりがゴワついていますがこれでも全然問題ない感じです。耐久性は未知数ですがグリップ感も以前の樹脂製グリップと比べたら雲泥の差ですし、滑らないので今までよりも弱い力でしっかり締められると思います。

両面テープはグリップと同じ幅にするとグリップを伸ばした時に両面テープの方は伸びずにちょっとはみ出るのでその辺のことも考慮して少し小さめに貼った方が良さそうです。

ちょっと気に入らなかったので巻き直してエンドテープを使ってみました。粘着剤が付着していないのでこの辺は自由に修正できます。

エンドテープには切り込みが入っているので簡単に剥がせます。

ヨネックス製のドライバーの完成ですw。

エンドテープはグリップテープよりも伸びる感じですが引っ張り過ぎる幅が半分以下になってロゴも何だか分からなくなるので手加減する必要があります。使ったことがある人なら分かると思いますが、引っ張っていくとあるところから水道管に巻く白いシールテープやエフコテープ(自己融着テープ)のような感じで薄くなって伸びます。

凹凸があるドライバーの場合はグリップテープが少し浮くので凹んだところに両面テープを貼っておくといいかも知れません。因みにエンドテープは一度剥がすと接着力はかなり落ちるようです。

ベトベトしていたドライバーにも巻いてみたらいい感じになりました。

エンドテープはドライバー2本に巻いたら終わりました。

思いのほかグリップ感が良かったので色違いを買ってみようかと思いますし、このグリップは薄型(0.4mm)のものみたいですが0.6mmのヤツもあるようなのでそちらも使ってみたいですね。

余談ですがウェットの意味がよく分からなかったので水を掛けてみたらなんと吸水してみました。吸水した水はどこに行ったのか気になりますがその内に蒸発するんでしょうねぇ。

 

黒だったから分かりませんでしたが濡れた部分は色が濃くなり、その内乾燥して元に戻っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。