プロキシー [Porxy]

投稿 2016年6月5日 | 更新 2018年2月3日 | 0件のコメント | プロキシ


プロキシーとは?

プロキシーとはコンポジットショットなどのレンダリングされたファイルを作成し、より高速な編集作業ができるようにする仕組みです。EDIUSユーザーならレンダリングと同等の機能といえば分かりやすいと思います。尚、EDIUSの上位バージョンで使えるプロキシーはハイレゾデータの画質を落とすなどして編集用に最適化するたモードなのでちょっと意味合いが異なります。

プロキシー作成

プロキシーを作成するには、メディアパネルでプロキシーを作成したいファイルを選択して右メニューの「Make Proxy」を選択します。また、タイムライン上のレイヤーのメニューからプロキシーを作成を選択することができます。尚、プロキシーを作成したコンポジットショットに編集を加えるとプロキシーが無効になります。

すべてのファイルでプロキシー作成できるわけではないみたいで確認したものはコンポジットショットと動画ファイルのみでした。平面(Plnae)、静止画ファイル、音声ファイル(mp3)などでは右メニューに設定項目が現れないので作成できないみたいです。

プロキシーを作成するとEDITORのタイムラインに配置しているコンポジットショットにサムネイルを表示したり、MEDIAにあるコンポジットショットにもサムネイルが表示されます。

プロキシー作成中の視覚化 プロセッサーパネル

プロキシーの作成はバックグラウンドで行われ、コントロールパネルなどで進行状況(mask2)が確認できます。プロキシーが作成されたファイルには再生アイコン(mask)が追加されます。

またはワークスペース設定で「Processor」パネルを表示させてもプロキシーを視覚化することができます。

プロセッサーパネルでのプロキシーの作成状況を確認できます。

プロキシー設定

「File」→「OPTION」のプロキシーの項目にある「Media Directory」でプロキシーを保存するフォルダを変更することが出来ます。

デフォルトではCドライブに保存されるので容量が少ないSSDをシステムドライブにしている場合は別のHDDに変更するなどの手段を講じる必要があるかもしれません。

保存フォルダを開くと以下のようなファイルが保存されていましたが容量的にvideo.hlmと言うのが動画ファイルみたいです。

「Use Proxies For Export」とはエクスポート時にプロキシーファイルを使うことで出力に掛かる時間を短縮することができます。この設定はデフォルトで有効になっています。

「Limit Proxy Directory Size」はチェックを入れるとプロキシーの作成できる容量を設定して無限にプロキシーが作成されることに制限を掛けることができます。こちらはストレージ容量に余裕が無い場合にチェックを入れておくといいでしょう。

プロキシーの削除

プロキシーはプロキシーを作成したファイル右メニュー「Remove Proxy」から削除することができます。

また、プロキシーが保存されているフォルダを削除してもプロキシーを削除することができますが、HITFILM 4 EXPRESSが起動中は削除できません。

関連カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です