このサイトではJavaScriptの技術を複数使用してます。ブラウザのJavaScriptを無効にしていると正常の表示されません。
  1. Home
  2. HitFilm
  3. ワークエリア(Work Area)

ワークエリアWork Area
HITFILM 4 EXPRESSのワークエリアについて解説

Contents

posted : 2016/06/05

  1. ワークエリア

ワークエリアWork Area


ワークエリア(Work Area)とはIn/Out点を設定して使用する領域を決めることです。ワークエリアはビューワー上のデュレーションバーやタイムラインのタイムルーラー上などで設定できます。

In/Out点の設定はデュレーションバーの横にあるIn点追加ボタンなどから行えます。まず、In点を設定したい位置にプレイヘッドを移動させてIn点追加ボタンを押すとIn点が設定され、Out点も同様に設定します。また、ショートカットキーのIキーでIn点を追加、OキーでOut点を追加出来ます。

タイムルーラーではルーラーを両端にカーソルを移動させて両矢印のアイコンに変わった時にドラッグすると変更出来ます。

さらにタイムルーラー上の右メニューの「Set To Contents」からコンテンツのある領域、つまり映像や音声がある領域だけを自動的に切り取ってIn/Out点間を設定することもできます。

このコンテンツのある領域のことをコンテントエリア(Content Area)と言い、この言葉はエクスポート(出力)する際のエクスポートエリアを指定する時に出てきます。ワークエリアもコンテントエリアもIn/Out点間には違わないんですがその辺の違いあることを理解しておくとエクスポート時に迷わずに済みます。