コンポジットショット [Composite Shot]


図に振った番号順に解説しますので画像を別ウィンドウで開くか、画像はドラッグして移動できるので移動させながら見ると分かりやすいかと思います。またはカメラのアイコンで開くことも出来ます。黄色のナンバーを振ったものはキーフレームの操作ボタンになります。

コンポジットショットの基本的な使い方

エディタ用タイムライン

コンポジットショット [Make Composite Shot]

レイヤーを選択してコンポジットショットを作成することができます。これはメディアパネルで作成するコンポジットショットとは異なり、選択したレイヤーをコンポジットショット化して入れ子(ネスト)したことを意味しています。コンポジットショットなのでレイヤーをWクリックするとタイムラインとして開くことができますし、プロキシを作成することもできます。

新規レイヤー [New Layer]

平面レイヤー(Plane)、テキストレイヤー(Text)、グレードレイヤー(Grade)、ポイントレイヤー(Point)、カメラレイヤー(Camera)、ライトレイヤー(Light)を作成できます。カメラレイヤーとライトレイヤーは3Dモードで使用します。

レイヤー(Layer)

前のキーフレームに移動 [Previous Keyframe]

プレイヘッドの位置より前にあるキーフレームに移動します。ボタンの操作を行うにはキーフレームの設定を行う項目を選択している必要があります。

キーフレームの追加・削除 [Toggle Keyframe(s)]

キーフレームの追加・削除ができます。

後のキーフレームに移動 [Next Keyframe]

プレイヘッドの位置より後ろにあるキーフレームに移動します。

リニア(直線) [Linear]

キーフレームの補間方法の一種で動きが一定のスピードで変化します。

固定 [Constrant]

キーフレームの補間方法の一種で次のフレームに移動するまで変化がなく、次のフレームになった瞬間に動きます。つまり、瞬間移動しているような動きになります。

スムース [Smooth]

キーフレームの補間方法の一種でキーフレームを設定した前後が滑らかな動きになります。所謂、自動ベジェと言われるものです。

スムース・イン [Smooth In]

キーフレームの補間方法の一種でキーフレームの左側だけ滑らかな動きになります。

スムース・アウト [Smooth Out]

キーフレームの補間方法の一種でキーフレームの右側だけ滑らかな動きになります。

ベジェ [Bezier]

スムース(自動ベジェ)との違いはハンドルをロックできるかできないの違いみたいです。ロックするとキーフレームから両端に伸びるハンドルを同期させることが出来てより滑らかな曲線を作ることが出来ます。ハンドルのロックはグラフ表示にして右メニューの「Lock Temporal Control Points」で出来ます。

グラフ表示 [Value Graph]

キーフレームの動きをグラフとして見ることができます。

オートズーム切替 [Auto zoom the value graph]

グラフの表示方法をオートとマニュアルを切り替えます。オート時はキーフレームがタイムラインの高さ内に収まるように自動調整されて表示され、マニュアルモード時はCtrlキーを押しながらマウスホイールを動かすと横に拡大し、Ctrl+Shiftキーを押しながらマウスホイールを動かすと縦に広げることができます。

選択ツール [Selection Tool]

通常の操作の時はこのツールを選択します。

ドラッグツール(手のひらツール) [Drag Tool]

ドラッグツールはタイムラインのスケールを広げている時にドラッグするとタイムラインをドラッグして動かすことが出来ます。

スライスツール [Slice Tool]

クリップをカットしてレイヤーを分割します。因みにエディタ用タイムラインにあるスライスツールはクリップをカット分割するだけです。

レートストレッチツール [Rate stretch Tool]

レートストレッチツールはキーフレームを設定したレイヤーで使いますが、このツールの説明の前に選択ツールでのストレッチについて解説しておかないと違いが分からないので説明しておきます。

選択ツールを選択している時にクリップの端にカーソルを移動させると両端に矢印があるアイコンに変わり、その時にドラッグするとクリップを伸縮できます。これが通常のストレッチ操作です。尚、動画や音声の場合はそのものの持っている長さ以上には伸ばすことができません。

このストレッチをキーフレームを設定したレイヤーで行うとキーフレームを元の位置に居続けるので動きが途中で止まってしまいますが、レートストレッチツールで同じことをやるとストレッチと一緒にキーフレームも移動するので動きが途中で止まるようなことがなくなります。これがレートストレッチツールの使い方になります。

実際に行う場合はレイヤーを設定した項目ではなく、レイヤーの両端をドラッグして行います。

エスクポート [Export Composite Shot]

コンポジットショットを映像として出力します。

コンポジットショット設定 [Composite Shot Properties]

コンポジットショットの設定画面を開きます。

スナップ [Snaping(s)]

プレイヘッドがクリップの先端・終端などに吸着します。

拡張ボタン [Toggle Item Expantion]

下位の階層を開きます。

モーションブラー [Motion Blur]

モーションブラーの有効・無効を切り替えます。

2D・3D切替 [Layer Dimensions]

2Dモードと3Dモードを切り替えます。

親子関係 [Parent]

親になるレイヤーを指定します。設定したレイヤーは子レイヤーになって親レイヤーの動きを追従します。一般的に見えないポイントレイヤーを親レイヤーに設定することが多いです。

プレイヘッド [PlayHead]

現在の時間を表示します。タイムルーラー上で左右にドラッグすると移動できます。また、タイムルーラーをクリックするとその地点に移動します。プレイヘッドを動かすことはスクラブと言います。

タイムルーラー [Time Ruler]

時間を表す定規みたいなものです。IキーでIn点、OキーでOut点を設定できますし、タイムルーラーの両端をドラッグしてIn/Out点を設定することも出来ます。また、ルーラー上で右クリックすると下図の様な操作も出来ます。

▼Scroll To Playhead
現在のプレイヘッドの位置に移動します。※プレイヘッドが見えない位置にある時に限る。

▼Set To Contents
コンテンツ、要は映像のある領域をIn/Out点間に設定します。このIn/Out点間が出力する時のワークエリア(Work Area)に該当します。

▼Set to View
見えている領域をIn/Out点間に設定します。

ズームバー [Zoom bar]

タイムラインの表示領域を拡大・縮小します。

山のようなアイコン(左:Decrement Scale、右:Increment Scale)クリックして縮尺を変更できますし、その間にあるバーをドラッグ、または、スクロールホイールで動かして自由な縮尺に変更することもできます。ただ、EDIUSのようにボタンひとつでピッタリサイズにするようなボタンはありませんので使い勝手はあまり良くないです。

スクロールバー [Scrollbar]

拡大したタイムラインの表示領域を移動できます。また、ドラッグツールで動かすことが出来ます。Ctrl+Homeで現在のプレイヘッドの位置にスクロールします。また、スクロールバーで右クリックすると下図のようなメニューが表示されます。

▼Scroll here
タイムラインを拡大表示にしている時にメニューを開いた地点までスクロールバーを移動させます。

▼Left edge
タイムラインの先頭に移動します。

▼Right edge
タイムラインの終端に移動します。

▼Page left
スクロールバーの長さを1ページとして左に1ページ分移動します。

▼Page right
スクロールバーの長さを1ページとして右に1ページ分移動します。

▼Scroll left
タイムラインの拡大具合によって異なるみたいですが詳細は不明です。

▼Scroll right
タイムラインの拡大具合によって異なるみたいですが詳細は不明です。

※拡大表示にしてない場合は動作しないものがあります。

関連カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください