4色グラデーション [4-Point Color Gradient]


効果

Gradients & fillsカテゴリーにある4色のグラデーションを作ることができるエフェクトです。

4ヶ所のポイントを動かして様々なグラデーションを作れます。また、ポイントを画面外まで移動して3色グラデーションが作れたり、ポイントを近付けで色を混ぜたような効果も出せます。

余談ですが、エフェクト名の横に[Layer Only]と書かれたエフェクトはコンポジットショットのレイヤーでのみ使えます。

設定値

Point 1 ~ Point 4
各ブロックのグラデーションの基点となる位置でカラーで色を設定します。

Use Layer
Use Layerとは他のレイヤーのモーションパス(動き)とリンクさせるかどうかの設定です。なので指定したレイヤーに動きがなければ何の効果も得られませんがモーションパスがあるレイヤーを指定するとその動きとリンクするようにポイントの位置が動きます。要はレイヤーのParentと同じような設定項目です。

Color Blend
隣接するブロック同士の混じり具合を設定します。

Ramp Scatter
カラーブロック間のグラデーションにノイズのような効果を付けます。ちょっと効果が分かりにくいですが拡大表示にすると分かりやすいと思います。

Opacity
効果の不透明度を変更します。

Blend
これはエフェクトのためのブレンド機能です。レイヤーの右メニューなどにある描写モード(Blend)は下位レイヤーとの合成方法を指定するものですが、これはエフェクト効果のみをブレンドするんだと思いますがイマイチ分かりません。

BLEND(Reference Manual)

リセット設定値を元に戻したい場合は項目ごとにリセット(右メニュー)できますし、階層構造のものは上位の項目をリセットすれば下位の項目もリセットされます。

関連カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください