CPUクーラーが設置できるかどうか確認できるペーパークラフトツール

投稿日:2016/7/14 更新:2019/3/22 コメント 0件 自作パソコン


CPUクーラーを物色していてCRYORIG(クライオリグ) の R1 UNIVERSAL
A80などの簡易水冷が気になったのでサイトを訪れたら面白いものを発見しました。

それはCPUクーラーが設置できるかどうかを調べるA4サイズのペーパークラフトの図面で
その図面を印刷して組み立てれば使用しているケースに設置できるかを調べられるツールです。
すべてを調べたわけではないですが空冷クーラーには付いているみたいでした。

R1 UNIVERSAL用折り紙
H5 UNIVERSAL用折り紙

その中にCPUのヒートスプレッダからパネルまでの距離を調べられる
ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER」というペーパークラフトの図面がありましたので作ってみました。
ぶっちゃけ、長い定規が二本あれば簡単に調べられるんですがねw。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER

図面はCPUソケットに異なるので該当するものをダウンロードして印刷します。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

カットしてから気付いたんですがGoogle Chromeで印刷すると
なぜか折曲線の一部が印刷されていませんでした。
下図のPDFファイルにはちゃんと折れ線が印刷されていますが
印刷すると消えちゃいますw。(・_・)エッ….?

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

あとで調べたらChromeに問題があったみたいで別のブラウザでは正常に印刷できました。
左が別のブラウザから印刷したもので右がChromeから印刷したものです。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

印刷する時に注意する点はオリジナルサイズで印刷するように設定することくらいですね。
印刷面には縮尺が正しいかを調べる目盛りが付いているのでそちらで調べられます。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

カット。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

折り曲げ。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

のり付け。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

完成。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

設置してみました。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

最初はヒートスプレッダーの上にただ乗せるのかと思ったらそうではなく、
ヒートスプレッダーにカパッと嵌めるんですね。
かなりピッタリサイズなので雑にカットしたり、折り目を入れていたら
うまく嵌らないと思いますのでここだけは正確に作業することをおススメします。
それでもどうしても嵌らない場合は切り込みを入れてやると
密着性は落ちますが嵌ると思います。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

公式サイトでは糸で計測してましたが定規を宛がっても可能です。また、
CRYORIG製のCPUクーラーは製品名が書かれているのですぐに確認できます。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

このような便利ツールは各社から出して欲しいですよね。
また、このメーカーのCPUクーラーにはデザインもカッコいいし、
保証も最長6年あったりしてとても魅力的なメーカーですね。

今回、作成したのは高さを測るものでしたが
マザーボードとの干渉確認用の折り紙も作ったのでこのネタは続きますw…。

CRYORIG ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください