CPUクーラーが設置できるかどうか確認できるペーパークラフトツール 2

投稿日:2016/7/15 更新:2019/3/22 コメント 0件 自作パソコン


昨日の記事の予告通り、CRYORIG製CPUクーラー「R1 UNIVERSAL」を
ケースに設置できるのかを調べるペーパークラフトを作成してみました。
図面をダウンロードして印刷します。

R1 UNIVERSAL TESTER

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

切り出し。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

ナンバリングされた番号が重なるように糊付け。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

糊付け完了。
因みに端から空洞との距離が短い方がメモリ側になります。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

下部パーツも印字されたアルファベットが同じ向きになるように取付。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

台形のパーツはヒートスプレッダに嵌め込むので底面に付くまで差し込みます。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

完成したらヒートスプレッダーに嵌め込みますが
きつくて嵌らない場合は切り込みを入れると嵌ると思います。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

Core i5-2500Kを取り付けているフラクタルデザインのNODE804
上左右のパネルを外せるので確認しやすいですが、
ケースによっては確認し辛いものもあると思います。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

fractal Design NODE804(FD-CA-NODE-804-BL-W)に取り付けた、
ASUS P8H67-M EVO REV3.0では基板との干渉は無いようです。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

このような使い方が正しいかは分かりませんが
昨日、作成したヒートスプレッダーからパネルまでの高さを
調べるパーツと図のように合体させることも出来ます。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

取り付けたいCPUクーラーの高さに切断して合体させると
CPUクーラーの大きさなどをよりイメージしやすいと思います。

CRYORIG R1 UNIVERSAL ORIGAMI CASE DEPTH CHECKER オリガミ 折り紙

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください