ピクセラ PIX-DT460の保存先ドライブが重複する問題

投稿日:2019/6/8 更新:2019/6/8 コメント 0件 地デジチューナー ,


以前にも下記の記事で少し触れましたが、とあることをするとピクセラのPC用地デジチューナー「PIX-DT460」の保存先ドライブの設定画面でドライブ文字が重複します。

 

 

重複する原因

上図ではHドライブが複数存在しています。前にも同じようなことになったんですがこの現象はバックアップソフト(BunBackupを利用)で録画データがバックアップするとこのような現象が起きます。

StationTV Xは取り付けているストレージのすべてに「STVLERec」というフォルダが作成されて録画データを管理しています。

一つの番組を予約録画すると以下のような複数のファイルが作成されて録画データとして保存されています。

その「STVLERec」フォルダの中には「StationTV_X_Bk」という隠しフォルダがあります。

更にその中に「PxDTVSKD_backup_xxx.tar」や「StationTV_X_backup_xxx.tar」などのファイルが保存されています。おそらくこれらのファイルにパーティションの情報などが保存されているんだと思います。

「STVLERec」フォルダは保存先ドライブに指定していなくても接続されたストレージに勝手に作成されるんですが、バックアップソフトで「STVLERec」をバックアップすると同じ情報を持ったファイルが複製されるために保存先ドライブ文字が重複するようなことが起こるようです。

バックアップソフトで除外フォルダとしてしてやるとこの重複を避けることができます。筆者の場合はBunBackupというフリーのバックアップソフトを使っているんですが、バックアップ詳細設定で「STVLERec」を除外フォルダに設定します。

このようにするとドライブ文字の重複を避けることができます。因みに重複していても機能的には問題ありませんが、システムを移行したりする時にトラブる可能性があるので修復しておいた方がいいかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください