FC2ブログからワードプレスに引っ越して良かったこと

投稿日:2019/9/5 更新:2019/9/6 コメント 0件 ワードプレス , , , , ,


FC2ブログ(ホームページ)からワードプレスに移行したのが2017年5月なんですが、移行して個人的に良かったこと・悪かったことを書いてみました。尚、この記事は2018年に投稿しようとして書きかけたものを完成させたものです。

 

 

ページビュー(PV)

記事数も違いますし、アクセス解析に利用したサービスが異なるので単純には比較できないですが、明らかにアクセス数(ページビュー)は伸びました。

ワードプレスに移行してもアクセス解析にFC2カウンターを暫く使ってたんですが2017年10月頃に何度が不具合があったのでFC2カウンターの利用停止ともにカウンター自体を表示することも止めたんですよね。

下図はFC2ブログを止める前のアクセス数(FC2カウンター)なんですが、デイリーでのべ300~500ぐらいの方にアクセスして頂いてました。ユニークアクセスとは何人の人がアクセスしたか、トータルアクセスは延べ人数のことでページビュー(PV)と同じです。

下図はGoogleアナリティクスのサイト移転後の前後1か月のアクセス数(PV)の推移です。

2017年5月1日~2019年7月10日までのPV(ページビュー)の推移です。多少の浮き沈みはありますが2019年の3月の途中までは右肩上がりに伸びていました。ただ、3月に行われたというGoogleコアアルゴリズムのアップデート後に飛んでしまいましたw。

話は逸れますが、下図はサイト全体(edit-anything.com)のデータで、Googleコアアルゴリズムのアップデートの行われた3月のデイリーPVを示したものです。今年の2月9日なんとなく毎日投稿を続けて漸くデイリーで3000超えようとした矢先にグーグルから飛ばされて半減とまではいきませんでしたが4割近くは落ち込みました。

 

 




記事の投稿

デフォルトの投稿画面ははっきり言って個人的には非常に使い勝手が悪くてイライラしていましたが、AddQuicktagなどのプラグインを入れたり、投稿ページのCSSを弄って段落に枠線を付けたりしてカスタマイズしたらかなり使いやすくなりました。

ワードプレスに移行して一番気に入っているのが記事に画像を添付するのが簡単なところですね。FC2ブログの頃は画像のアップロード画面を開いてそこにドラッグ&ドロップで取り込んでアップロード(使っていた頃は1ファイル辺りの容量は500KBまでだったと思います)します。

投稿画面で画像を貼りたいところにカーソルを合わせて「この画像で記事を書く」か「サムネイルで記事を書く」などで画像リンクを貼るというような流れになります。

ただ、画像リストには10枚までしか表示されないので20枚とかまとめてアップロードすると画像が複数ページにまたがるので探すのも面倒ですし、記事を書きながら画像も1枚ずつアップロードするというような感じだといちいち画像タブに切り替えなればならなかったりして兎に角、画像のアップロードが鬱陶しかったでしたね。

ところがワードプレスでは画像の貼り付けたいところにカーソルを合わせてエクスプローラーから投稿画面に画像をドラッグ&ドロップするだけでアップロード画面が表示されて簡単に画像を貼ることができます。因みに複数の画像でもできます。

あと大概のことがプラグインで出来るますし、ワードプレスに関する情報は豊富にあるのでスキルさえあれば自身でカスタマイズすることも可能です。

 

 

デメリット

ワードプレスやプラグインには更新(アップデート)というものがあり、それをやる時に極稀にトラブってサイトが表示されなくなることがあります。実際に一度だけ経験したんですがワードプレスの構造を全く知らなかったら修正するまでに長い時間を要していたと思います。

このほかにもコアファイルであるphpファイルにも簡単にアクセスできるので不用意に弄るとサイトが表示されなくなるといった怖い部分もありますし、レンタルサーバーにバックアップ機能がない場合は自身でバックアップする必要があるんですがそれがちょっと面倒ですね。

 

 




運用コスト

当サイトは記事執筆時点ではコアサーバーの月額198円のCORE-MINIプランを利用しているんですが年間で3,953円の運営費用が掛かっています。

レンタルサーバー代(年間) 2,571円

ドメイン代(年間) 1,382円

合計 ‬3,953円

尚、コアサーバーにはサイトがちょくちょく表示されないという不満があるのでそう遠くない時期にお別れしてエックスサーバーに移行する予定です。

コアサーバー関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください