【ASSASSIN III レビュー4 120mmファンで温度計測】DEEPCOOL アサシン3

投稿日:2019/10/7 更新:2019/10/13 コメント 0件 自作パソコン , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


DEEPCOOL ASSASSIN IIIの純正140mmファンからLED付きの120mm(12cm)ファンに変えて冷却能力に違いがあるか調べてみました。

 

 

120mmファンに交換

リア側に取り付けているのがJONSBOの「FR-301P-RD」、フロント側に付けているのが、IN WINの「Sirius Loop ASL120」です。

純正のファンクリップは120mm角ファンでも取り付けられますがSirius Loop ASL120にはちょっとガバガバでちょっと下にズレ下がってきてました。

ファンクリップは6本付属するのでトリプルファンにすることも可能です。

FR-301P-RDはデフォルトで防振ゴムが付いていたのでそれで落ちなかったと思うのでSirius Loop ASL120も付属品の防振ゴムを貼ってから取り付けるとズレずに設置できると思います。

余談ですがメモリ(CMK16GX4M2B3000C15の高さ:約34mm)はファンを取り外せば抜き挿し可能でした。

 

 




120mmファンでの冷却能力

純正の140mmファン2機の時と120mmファン2機の時とで冷却能力に差があるか調べてみました。前回計測した時は室温29℃だったんですが今回は室温28℃です。計測ソフト等は何も変更していないのでその辺の情報はリンク先の記事を見て下さい。

CINEBENCH R15とCINEBENCH R20にあるカッコ内の数値はCINEBENCHスコア、TMPGEnc Video Mastering Works 7のカッコ内の数値はレンダリング時間です。あと長時間電力制限を95Wにした状態でも調べてみました。

結果を見る限り、140mmファンでも今回取り付けた120mmファンでも冷却能力にほとんど差がありませんでした。

140mmファン
電力制限なし
室温29℃
120mmファン
電力制限なし
室温28℃
120mmファン
電力制限あり
室温28℃
CINEBENCH R15 82℃ (2014) 81℃ (2014) 61℃ (1685)
CINEBENCH R20 97℃ (4834) 97℃ (4803) 67℃ (4012)
TMPGEnc Video Mastering Works 7 103℃
(7分50秒)
103℃
(7分45秒)
68℃
(9分5秒)
Dr.Debug LEDで99℃を示しているところ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください