三菱ケミカルメディア Verbatim 用 BD-R VBR130RP50V4 (片面1層/6倍速/50枚)

投稿日:2019/4/25 更新:2019/4/25 コメント 0件 PC周辺機器 ,


三菱化学メディア Verbatim BD-R(VBR130RP50V4)をリピート購入しました。もうレーベル印刷は面倒なのでほとんどやらなくなったのでこの手のディスクに求めるものは長期保存に耐えうる信頼性とコストだけですが、はっきり言っていくら信頼できるメーカーの製品でもデータが消えない保証はないですし、実際、DVDのデータが先日消えたりしたので信頼性よりもHDDや他のメーカーのメディアによる二重バックアップがより重要なんでよね。

 

 

レビュー

個人的には書込速度6倍速というのが重要で25GBもあると書き込み時間もDVDに比べてかなり掛かりますし、書き込み中は動画編集などの重たい作業は避けているので少しでも書き込み時間を短くしたくて6倍速のものを購入しています。

製品に関する問い合わせはアイ・オー・データが請け負っているですね。

印刷面には「Verbatim BD-R for VIDEO 25GB 6X」と記載あり。

どこのか忘れましたがエッジ部分が凸凹して汚い製品もありましたがこの製品は割ときれいです。

 

 




書き込み環境

メインPCで使っていたBDドライブは2015年頃までは毎年のように壊れていたんですが五代目の光学ドライブ「BUFFALO BRXL-PC6VU2-WHC(中身はパナソニック UJ-260)」を使うようになってから壊れてません。

そのUJ-260と三菱化学メディア Verbatim BD-R(VBR130RP50V4)の組み合わせで光学ドライブに付属していたライティングソフト「CyberLink Power2Go7(Ver7.0.0.3328c)」を使用して書き込みしているんですが、記憶にないぐらい書き込みエラーが起こっていません。

BRXL-PC6VU2-WHCはUSBケーブル2本をマザーに挿していますが電力不足で不安定になることがあるのでACアダプター(BRXL-PCW6U2-BK付属品)も挿して給電しています。データディスクの機能しか使っていないのでそのほかに安定性については不明です。ブルーレイの書き込みエラーは様々な条件で不安定になることがあるので当記事のような構成にしても安定する保証は一切ありませんのでご注意下さい。

BRXL-PC6VU2-WHCはPowerDVD目当てで購入したと思いますが、BDドライブは個人的にはかなり壊れやすいと思っているので次に購入する時はヤフオクなどで裸で売られている3~4円台で売られているUJ-260を購入しようかと思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください