キッチンスケールが壊れたので分解してみた!

投稿日:2016/5/21 更新:2019/3/22 コメント 0件 分解&修理 ,


2012/11に購入した、
DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK
壊れたので分解したんですがどうせたいしたものはでてきないだろうと
特に期待してなかったんですが未知の構造だったので
結果的にはとても面白いものが見れました。((o(´∀`)o))ワクワク

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK

分解方法は下図の通りなんですが
シールの下にある受け皿用固定ネジを外すだけで構造を確認できます。

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK

なんじゃこりゃ~?!ですよね。
これはストレインゲージ(Strain gauge)といってひずみゲージと言うものらしいです。

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK

右側1点だけで固定されていて左側は中に浮いていて
分かりやすく言うと水泳競技の飛び込み板のような感じです。

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK

ひずみゲージの右側に取り付けられた金具に受け皿が固定されているので
受け皿に載せたものの加重がストレインゲージの先端に伝わって歪みを生じさせて
その変形による電気抵抗の変化を測定して計測しているというのが秤の仕組みだそうです。

シンプルな構造ではありますが
アルミの棒に穴が開けられていて細いところは1ミリもない感じなので
受け皿に衝撃を与えるとストレインゲージが変形したりすることも容易に考えられるので
秤と言うものが思いのほかデリケートな製品であることが分かってとても面白い分解でした。(o^-^o)

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK

おまけ画像

DRETEC (ドリテック) デジタル スケール トルテ 2kg KS-254PK
謎のスイッチにはCALと言う印刷が…?

(o^-^o)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください