新しいバージョンの日本語IMEを使うと動作がおかしくなる!Windows 20H2

投稿日:2021/1/26 更新:2021/1/28 コメント 0件 Windows , , , ,


Windows 10 Pro October 2020 Update(バージョン20H2:OSビルド 19042.746)にしてからブラウザでのテキストのコピー&ペーストやワードプレスの投稿画面などでの動作が今まで通りに動かなくなったので解消法を探りました。

 

現象

ワードプレス(5.6)の投稿画面でEnterキーで改行してから十字キーを押すと数字が特定の表示されます。たとえば「Enter」の次に「→」を押すと「6」、「↓」だと「2」などが表示されます。さらに「del」キーを2回続けて押すと「.」が表示されたりもします。いずれの数字も未確定文字です。

        8

4 ← Enter → 6

2

これだと改行して移動しようとすると数字が表示されたりしますし、行を削除しようと「.」が表示されてスムーズに操作できずにストレス溜まりまくりです。

また、ロジクールのG300というマウスとゲーミングソフトウェアを使ってマウスのボタンにコピーやペーストなどの動作を割り当てて利用しているんですが、アドレスバーでアドレスをコピーしようとすると「そ(X)」と未確定文字が表示されたり、コピーしたテキストを貼り付けようとすると「ひ(V)」が表示されたりします。

色々と調べてたところ、これらの現象は「かな入力モード」でタスクトレイのMicrosoft IMEが有効を示す「あ」になっている時に発生するようです。あとMicrosoft Edgeでも発生しましたが、Firefoxではなりませんでした。

この新しいバージョンのIME問題はEDIUSのクイックタイトラーでもトラブルを起こしているみたいです。

マイクロソフトIMEだとクイックタイトラーが入力拒否?

 

 




解消法 「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」

「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」をオフにすると解消できました。ただ、Windows 10 Pro「20H2 OSビルド 19042.746」ではできましたが他のバージョンによってはできないかも知れません。

やり方はタスクバーにある検索ウィンドウに「日本語 IME」と入力すると「日本語 IME の設定 (システム設定)」という項目が表示されるので開きます。

「全般」を選択。

一番下までスクロールして「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」を「オン」にします。

 

確認画面が表示されるので「OK」をクリック。

余談ですが旧バージョンに戻すと「詳細設定を開く」という項目が表示されます。

こちらを開くと昔ながらの「Micorsoft IME 詳細設定」画面を開くことができます。この画面はタスクバーにピン止めできるので頻繁に利用する場合は設定しておくと便利です。

またはIMEの右メニューに「プロパティ」の項目が表示されるようになるのでこちらから開くことができます。

下図は新しいバージョンの右メニューです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です