パスをコピーして別のマスクで使用する

2014年2月16日 2017年10月13日 0件のコメント EDIUS ,


マスクで作ったパスは、パスを作成したマスク内ではコピーしたり貼り付けたりできますが、
実は別のマスクフィルターにもパスのみをコピーすることが出来ちゃうんです。
このテクニックを使えば、別々に作ったマスクのキーフレーム(動き)とパス(形)を入れ替えたり出来ます。
※ パスとキーフレームはリンクしているので
パスのみをコピーしてもキーフレームと同期させることは不可能みたいですね。

やり方は説明するまでもないと思いますが、
文字として記載しておくと検索されやすいので記載しておきます。

例えば、マスクAとマスクBがあります。
マスクAの設定画面を開き、コピーしたいパスを選択してコピーします。
マスクAはもう用無しなので削除するか、チェックを外して無効にします。
マスクBの設定画面を開き、貼り付け(ペースト)ます。
以上です。

こんな感じでパスは使い回しが出来るので別のプロジェクトで使いたい場合は
ユーザープリセットとして保存しておけば簡単に再利用できます。
あと、もしかしてキーフレームもコピペできるかもと試してみましたがこちらは駄目でしたね。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

(o^-^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください