マスクのパスをレイアウターで制御


自分も数ヶ月前、「EDIUSPro7でマスクの作り方」という動画を見て知ったことなんですが、マスクで作ったパスはレイアウターで制御、即ち、動かすことができちゃいます。

 

マスクパスをレイアウターで制御

やりかたは下図のようにインフォメーションの並びの順番をレイアウターより下に配置するだけです。(※配置の入れ替えはドラッグ&ドロップでできます)これだけで制御したいパス(マスク)をレイアウターで動かすことが出来ます。

Image 254

 




サンプル動画

下の動画は縦に落下する動きをマスクで作って、横の動きをレイアウターで制御しています。制御と言っても20個のクリップをそれぞれズラして配置し、あとは設定で位置Xの値だけ変更したものです。マスクでは3D的な動きは付けられませんが、このテクニックを使えば可能ですし、兎に角、ベーシックなパスだけ作っておいて、あとはレイアウターで制御すれば下のような動画も比較的簡単にできます。

下図はこの動画のタイムラインです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください