情熱大陸風ロゴを自作する


先日、下記のURLで情熱大陸の新しいテンプレートを公開しましたが、今回はこちらの動画のように情熱大陸風ロゴ(琵琶湖熱)を自作する方法を紹介します。

【テンプレート】情熱大陸風オープニング Version 7.0 公開

 

背景素材

自作すると言っても背景素材に情熱大陸っぽいフォントで文字を乗っけているだけなんですが…w。

まず青い背景素材を作成します。ファイル形式は四隅をちょっと丸くして透過させたいので透過性を保持できるPNG形式がおススメですが角を落とさないで良ければJPGなどでもいいです。あとはベベルやエンボスなどを付けて立体感をつけてそれらしくします。

下図は実際に動画内で実際に使用した背景素材(※少し修正しています)です。サイズは179×193作成していますがレイアウターで縦フィットサイズにストレッチしてトランスフォーム(GPUfxトランジション)でライト効果を付けるのでそれほど厳密に作成しなくても問題ないと思います。これで良ければ右メニューを開いて「名前を付けて画像を保存(Chrome)」などからダウンロードして使って下さい。

文字などを変更せずに使いたい時はこちらの画像をどうぞ。

 

 

フォント

使用したフォントは「吐き溜」というフォントです。商用無料(寄付歓迎)のフォントですが詳しい利用条件や動作環境などはこちらに記載されていますので利用される場合はご一読お願いします。

吐き溜フォント(ダウンロードリンク)

このほかにも「壊石体」というフォントはかなり似ていますがこちらは1ライセンス3000円となっています。

壊石体(ダウンロードリンク)

 

 

photoshop設定値

本物とはかなり違うので参考になるかどうか分かりませんが一応、背景の設定値を載せておきます。利用したバージョンは Photoshop CS6 Extended です。

「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「ベベルとエンボス」

「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「ベベルとエンボス」→「輪郭」

「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「ベベルとエンボス」→「テクスチャー」

「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「サテン」

 

 

ダウンロード(PSDファイル)

フォトショップCS6用のプロジェクトファイルですが下記URLよりダウンロードできます。レイヤーは以下のような感じです。

尚、「吐き溜フォント」を利用しているのでフォントがインストールされていない環境では下記のような「いくつかのレイヤーテキストには見つからないフォントが含まれています。ベクトル方式で出力するためには代用フォントが必要です。」というエラーメッセージが表示されます。

文字を変更しない場合は下図のようにビックリマークが付きますが一応使えます。ただ、変更しないならPSDファイルを利用する意味もあまりないと思うので「吐き溜フォント」をインストールしてからプロジェクトファイルを起動させてください。

jounetsu_tairiku_logo_photoshop_cs6_file.zip(234KB)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です