インテル ドライバ&サポートアシスタントのスタートアップを無効にしてみた!

投稿日:2019/4/28 更新:2019/4/28 コメント 0件 Windows , , , ,


core i9-9900Kの内臓グラフィックスであるIntel UHD Graphics 630のドライバをDCHドライバに更新してから「インテル ドライバ&サポートアシスタント」が常駐するようになったんですが常駐させておく必要性を感じていないので無効にしてみました。

 

 

インテル ドライバ&サポートアシスタントの常駐を無効にする

ソフトウェアなのでアンインストールすれば常駐しなくなりますが、一応、不定期にドライバをチェックしたいので削除せずにスタートアップだけしないようにしてみました。

常駐プログラムの本体は「Intel Driver & Support Assistant Tray(DSATray.exe)」なんですが、スタートアッププログラムにもなく、タスクスケジューラーにもありませんでした。

タスクマネージャの詳細タブを探したら「DSAServive.exe」というそれらしいプログラムがあったので更にサービスを調べてみました。

サービスの説明欄に「Intel Driver & Support Assistant」とあったので「サービス管理ツールを開く」からサービスの設定画面から無効にすることにしました。

サービス画面。

スタートアップを無効にするには右メニューからプロパティを開いてスタートアップの種類を「自動」→「無効」に変更するだけです。

再起動して確認したら起動しなくなっていたのでこれでよかったみたいです。

因みにあとから知ったんですがこの方法以外に「スタートボタン(右メニュー)」→「ファイル名を指定して実行」にから、msconfig.exe と入力し、「システム構成」画面からも無効にすることができるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください