TMPGEnc Video Mastering Works 7のフィルター画面で画質が悪い原因を特定!

投稿日:2022/6/14 更新:2022/6/14 コメント 0件 ソフトウェア , , , , ,


普段使いでは問題ないんですが、Bandicamで矩形キャプチャ(範囲指定)した動画をTMPGEnc Video Mastering Works 7(以下、TVMW7)に取り込むとカット編集画面ではきれいなのにフィルター画面に移行すると何もフィルターを掛けていないのに画質が劣化する現象に悩まされてましたが原因が分かりました。

下図はカット編集画面の映像をキャプチャしたものです。

下図がフィルター画面の映像をキャプチャしたものなんですが明らかに映像が劣化しています。フィルター画面ですでに画質が悪いのでどんな高画質な設定で書き出しても画質は悪いです。

フィルターは何も有効にしてません。

設定画面をよく見ていたら「インターレース解除」だけ有効・無効の切り替えができないことに気付き、設定を見たら「常にインターレース解除を行う」になっていたので設定をリセットしたらなんとオリジナル画質に戻りました。要はインターレースの素材でもないのに無理やりインターレースを解除していたので画質が劣化したように見えていたでしょうねぇ。

 

 

現在の設定を既定値とする

インターレース素材は扱わないのでこのような設定していたんですが、この設定はデフォルトフィルター(※自動的に適用されるフィルター)として登録されているのでこのままだとまた同じようになるので設定を変更してやる必要があります。

インターレース解除の設定をリセットしてからフィルター名が表示されているところで右クリックメニューを表示すると下図のような画面で出てくるので「現在の設定を既定値とする」を選択します。

これで次回以降は必要な場合にのみ自動的にインターレースが解除されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。