Windows Helloの押し売り?!

投稿日:2019/4/5 更新:2019/4/5 コメント 0件 Windows ,


常駐プログラムにあるセキュリティ関係のアイコンに黄色い!マークがついていたので調べてみました。

アイコンをクリックすると「アカウントの保護」の項目にマークが付いていました。

更に「アカウントの保護」の項目にある「セットアップ」をクリックすると「Windows Hello」に警告マークが付いていました。

Windows HelloはWindows 10の生体認証機能で指紋認証、顔認証などを使ってサインイン(ログイン)する仕組みでこれを有効にしておくとPCを盗まれても本人の指紋や顔などを使って認証しないとサインインできない、というものらしいです。

Windows Helloがサポートする生体認証デバイスをそもそも搭載していないので使えない環境ですし、地デジチューナーで予約録画(※スリープから復帰する必要がある)を利用しているのでWindows Helloを利用すると予約録画ができなくなると思うので使う気もないので「無視」をクリックして無効にしておきました。

「無視」にしたらいつもの緑のチェックマークになってましたが、これはWindows10お得意のゴリ押し機能の一種だったのかも知れません。

 

▼参考ページ

パスワードが時代遅れ?? Windows Helloの生体認証を使ってみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください