EDIUS 出力設定のインポート&エクスポート


エクスポートプリセット(出力設定)のインポート&エクスポート方法を解説します。

※使用バージョン EDIUS X Pro

 

サンプルファイル

試してみたい方は以下のリンクからダウンロードして下さい。ZIP化したフォルダにサンプルのプロジェクトファイルとエクスポートプリセットが入っていますので必ず解凍して使って下さい。

ediusx_sample_project.zip(9KB)

プロジェクトファイルはEDIUS X Proの動作確認用でエクスポータープリセットとは関係ないです。詳しくは以下のページの不具合のところを見て下さい。

Zipファイルの解凍方法やプリセットのインポート方法などについては配布ファイルの利用についてをご覧下さい。プロジェクトファイルの場合はProバージョンだと「シーケンスのインポート」を使ってプロジェクトに読み込むことも出来ます。利用条件は動画素材やテンプレートを販売する行為以外には特にないですが筆者のYouTubeチャンネルを登録して頂けると嬉しいです。 

 

 




エクスポータープリセット(出力設定)のインポート方法

「ファイルへ出力(F11)」画面を開くと下部に出力プリセットのインポートボタンがあるのでクリックします。左の項目はどこを選択してもマイプリセットに登録されるみたいです。

拡張子が「xxx.tpd」のエフェクトプリセットファイルを選択して「開く」をクリックします。

正常にインポートされると「インポートに成功しました。」と表示されます。

インポートしたのがH.264/AVC形式のプリセットだったんですが、自動的にそのフォーマットのところに振り分けられるようです。

ユーザープリセットエフェクトも拡張子が「xxx.tpd」なのでエクスポートする時には分かりやすい名称にしていた方が扱いやすいと思いますが、ただ間違ってユーザープリセットエフェクトをインポートしようとしても「プリセットの種類が違います。」と表示されてインポートできないのでそう気にする必要もないかも知れません。

 

 

エクスポータープリセットのエクスポート

赤枠の「プリセットのエクスポート」ボタンを押して保存します。

 

 

エクスポータープリセットの削除

プリセットを削除したい場合は削除したいプリセットを選択してリサイクルマークが書かれたゴミ箱アイコンをクリックします。尚、「最近使用したエクスポーター」にあるものを削除しても履歴が削除されるだけで本体のプリセットは削除されません。

 

 




エクスポータープリセットの保存

「プリセットの保存」方法は以下のページに記載しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)