Hitfilm Expressアドオン「Particles」を購入!なんと50ドルでパーティクルを作成可能!

投稿日:2021/8/28 更新:2021/8/28 コメント 0件 Hitfilm , , , , , , ,


フリーソフト「Hitfilm Express」のアドオン「パーティクル(Particles)」を購入しました。

FXhome アドオンショップ

 

 

Hitfilm Pro 2017 vs Express アドオン

AfterEffects(CS6)やHitfilm Pro 2017を持っているのでそちらでもパーティクル(Particle Sulimator)は作成できるんですが、Hitfilm Pro 2017はもう4年も前に発売されたアプリでExpressの方が色々と使いやすくなっているのでアドオンを購入してこちらでパーティクルを作成した方がストレスが少ないかなぁ~と思って購入しました。

Pro 2017版を使っていて問題になる点は以下のような感じです。

  • テキストモードで日本語入力が直接出来ない (メモ帳等に一度入力してコピペすると出来る)
  • Proで作成したプロジェクトは開ける
  • Expressで作成したプロジェクトはProでは開けない

2016年に購入したHITFILM 4 EXPRESSのアドオン「Starter Pack」で購入したエフェクトが新しいExpressでも有効なのでアドオンを購入しておけば最新版の機能をずっと使えるだろうというのが一番大きいですね。

アドオン購入手順

余談ですが、Hitfilm Expressのウィンドウカラーが明るいグレイからダークグレイ(ダークモード)に変更できないように仕様が変わったようです。下記URLで「Starter」、「Content Creator」、「VFX Artist」のいずれかのパックを購入するとダークテーマを使用できるようになるようです。筆者の場合は「Starter Pack」を買っていたのでそのままダークモードを使用できていたようです。

https://fxhome.com/hitfilm-express/pwyw

このページに欲しいエフェクトがあるならここから購入した方がかなりお得だと思います。個人的には「VFX Artist」をその内購入するかも。あとはここにはないですが「Puppet」も追加して欲しいですね。

 

 




「パーティクル(Particles)」を購入

たまにキャンペーンとかやっているので暫く待っていれば少し安く購入できたんですが急に欲しくなったので正規の価格(49.99ドル)で購入しました。

購入方法はいつものPayPalです。

日本円に換算すると5,722円でした。

購入後にHitfilm Expressを起動するとライセンスのアップデートが行ったので再起動してくれとのメッセージが表示されたので指示通りに再起動。

再起動後には自動的に認証されていました。

詳細は「File」→「Options」→「Activation」で確認できます。

メールが届くようなことが記載されていたんですが届かないですね。直前に登録メールアドレスを変更したのでおかしなことになったのかも知れません。まぁ、来なくても購入履歴等からシリアルナンバーは確認できるので問題はないですが…。

 

 

50ドルで購入できるパーティクル

「Particles(Particle Sulimator)」を使用した作例です。パーティクルの詳しい使い方は「Hitfilmの使い方」の「Hitfilm Express 動画解説 パーティクルシュミレーター01」に記載しています。

えふすとで作成した動画素材をフリー配布しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。