SATAラウンドケーブルに交換したら配線がスッキリ!SATR-3003BK

2019年3月9日 2019年3月9日 0件のコメント 自作パソコン, 配線 , , , , , , ,


「AINEX シリアルATAラウンドケーブル 30cm SATR-3003BK」のレビューです。

製品ページ

 

 

SATAラウンドケーブル

SATAケーブルって、最近のマザーボードには付属しているのでお金を出して買ったのは2009年に初めて自作した時に足らなくなって買ったのが最初で最後だったんでこんな丸いSATAケーブルがあること自体知りませんでした。

初めて買ったSATAケーブルのレビュー

Thermaltake A500のケーブルホールとASRock Z390 Phantom Gaming 6のSATAポートの位置が相性が悪かったですよね。ちょっと分かり辛いですが下のポートは2本重なっています。

ケーブルに負荷を掛けないように変な感じに配線してたのとなんかごちゃごちゃしてスッキリしてなかったのでこいつでそれを解消できるかもと買ってみました。アマゾンで1本549円でした。

マザー付属のは50cmのものが多いですが30cmって意外に短いのでご注意を。

定番の国内保証6か月。

識別用タグシール付属(6セット)。SATAなんて環境が変わっても使い回すので6セットいうのが地味にありがたいですね。ただ、多いのは両端に付けろということなんでしょうね。

ラッチの必要性を全く感じてないのでないヤツを選択。

ケーブルの外径は約3.3mm。

超ソフトとは書かれていますが形状を保持できるくらいの硬さで今までの平べったいものとそれほど変わらない感じですね。

SATAの文字がある方にLの向きです。

タグシールを取り出そうとしたら悲劇が…。光沢紙などでもたまにあるんですが注意しててもなりました。こういう事態は容易に想像つくと思うんですがどうして取り出す時のことを考えて包装をしないのか理解できません。ヽ(`Д´)ノプンプン

シールを貼ってから書いてたら間違ってましたw。

こんな時は爪楊枝でクリクリするときれいに剥がれます。

 

 




配線

配線のおさらいです。

3本挿さっますがそれでもめっちゃスッキリ。

円形で且つ細いので取り回しがめっちゃくちゃ楽でもうこれは必須アイテムですね。見た目もすっきりして裏配線もしやすいので少しでも配線をスッキリさせたい方はこれは買いですねw。

ラッチなしは30cm、50cmの2種類です。

ラッチありだと20cm、30cm、50cm、70cmと4種類あります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください