回転する透明なガラス窓の作り方


久し振りのちゃんとしたEDIUSネタですw。今回は下記の動画の作り方の紹介です。

 

作成のポイント

この動画は、以前、価格.comの縁側というEDIUS関連の掲示板で「写真を回転(めくる)やり方」という質問があった時に作ってみたものです。

透過する静止画は別に動いてもいいんですが、ガラス窓の枠だけが回転するというのがポイントです。あと、中央で回転するシーケンスを作るのもポイントの一つで、最初から左上などの位置で回転させると窓枠の形が左右対称になりません。

この動画の簡単な構成を説明するとまず、シーケンス1に白のカラーマットで四角形の窓枠を作り、レイアウターで回転させます。次に、シーケンス2にシーケンス1を配置(ネストシーケンス)にして、3フレームずつズラし6個配置し、クロマキーを設定します。シーケンス2のクロマキーの設定は無くても作れますが、これがないと窓枠同士が繋がって見えます。最後にシーケンス3にシーケンス2を配置してルミナンスキーを設定してます。

プロジェクト設定
AVCHD/H.264 1920x1080 29.97p

 




作り方

作り方は文章と画像で作ってたんですが、画像の数が多くなって面倒になったのでハウツー動画にしました~w。

今回の動画では6個の窓しか作ってませんが、ネストシーケンスを利用すればあまり手間を掛けずにサンプル動画「紫陽花」のようなものができます。最後に過去のレビュー動画の中にかなり似たものを作ったので紹介しておきます。

 

EDIUSWORLD’S TIPS

ルミナンスキー- 画面解説
クロマキー- 使い方
クロマキー- 画面解説

今回、紹介した方法以外にもいろんな作り方はあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください