高速アルファベット切替のマスクプリセット配布


以前配布した英数字のマスクアニメーションで配布したプリセットを改造して1フレーム進むごとにアルファベットが切り替わるマスク・アニメーションプリセット(26種)のフリー配布です。

プリセットの使い方

1~9フレームまでランダムに文字が切り替わり、10フレーム目で設定した文字で止まります。

マスクパスの位置はすべてセンターに配置しているので複数の文字列を作成する場合は重ならないように位置を変更する必要があります。ひとつのクリップに設定する場合はマスクパスを移動させて重ならないようにします。

ひとつのクリップに一文字ずつ設定する場合はインフォメーションパレットでマスクエフェクトの並び順をレイアウターより上に配置することでレイアウターで制御することができるようになるのでそちらで位置調整します。
こちらのやり方の方が一文字ずつエフェクトを設定できるのでトラック数は増えますが自由度は高いです。

プリセットのダウンロード

ファイルの内容はプリセットとサンプル動画の静止画版のプロジェクトファイルです。Zipファイルの解凍方法やプリセットのインポート方法などについては「配布ファイルの利用について」をご覧下さい。

Alphabet_Trasform_Image_Version.zip [217KB]

プリセット名は10フレーム目で止まるアルファベットを示しています。

3 件のコメント

  • サンプルのyoutubeのように、プリセットを動かしたり、ブラーをかけたりしたのいのですが、どのように動かせばよいのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      インフォメーションパレットで「高速アルファベット切替マスク」より下に
      ブラー等のビデオフィルター(レイアウターも含みます)を配置すれば
      アルファベットをエフェクトが掛けることができます。
      この効果の仕組みはエフェクトが処理される順番に関係するんですが
      詳しくは以下の記事が参考になると思いますのでご覧下さい。

      ▼インフォメーションパレットの並び順とエフェクトの効果範囲
      https://edit-anything.com/blog/blog-entry-135.html

      また、ブラーなどのエフェクトの強さを制御したい場合は
      マスクやブレンドフィルターにエフェクトを使用したりすると
      できるんですがそちらについては下記の記事が参考になると思います。

      ▼キーフレームを設定できないビデオフィルターにキーフレームを設定する
      https://edit-anything.com/edius/effect_06_keyframe_use.html

      あとレイアウターで動きを付ける方法は下記の動画がとても参考になります。
      https://youtu.be/ons-UQNbxR8

  • 丁寧な説明ありがとうございました!挑戦してみます!これからも素敵な記事をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です