このサイトではJavaScriptの技術を複数使用してます。ブラウザのJavaScriptを無効にしていると正常の表示されません。
  1. Home
  2. EDIUS
  3. Plugin
  4. 体験版の HitFilm Ignite を使ってみた!

体験版の HitFilm Ignite を使ってみた!
EDIUS Pro 8.2 プラグイン

お知らせ 2017/02/10
新しい記事「HitFilm Ignite Pro 2017の使い方」を書きました。

Contents

posted : 2016/07/05
update : 2017/02/08

  1. HitFilm Igniteとは
  2. HitFilm Igniteを使ってみた!

HitFilm Igniteとは


HitFilm Ignite

HitFilm Igniteとはクロマキー、パーティクルエフェクト、レンズフレア、ライト、カラーグレーディング、ジェネレーターなどの140以上のビデオフィルターを追加できるプラグイン集で、そのHitFilm Igniteが2016.6.9に公開されたVersion 1.0.5408からEDIUS Pro 8 に対応したそうなのでダウンロードして使ってみました。

HitFilmと言う名称で気付かれた方も多いと思いますが、先日、筆者が立ち上げた「HITFILM...?」で解説しているHITFILM 4 EXPRESSを製作したFXHOMEのソフトです。ダウンロードはフラッシュバックジャパンと本家FXHOMEからダウンロードできますがどちらも容量もファイル名も同じだったので中身は同じものみたいですが、本家サイトからダウンロードする場合はユーザー登録が必要なようです。また、どちらのサイトからでも購入できるみたいですがかなり価格差があるみたいです。あと搭載されているエフェクトの詳細についてはダウンロードサイトで確認して下さい。


HitFilm Ignite(Flashback)

HitFilm Ignite(FXHOME)

HitFilm IgniteをインストールするとEDIUSのビデオフィルターに追加されてすぐに使えるようになります。

プラグインエフェクトをクリップに適用するとライセンス認証が現れますので体験版として使う場合は「TRY FOR FREE」を選択します。

尚、正規ライセンスの認証を行わない場合は六角形の透かしがプレビューに表示されますが、エフェクトひとつにひとつの透かしがつくのでエフェクトを重ねていくとかなり見づらいことになります。尚、特に試用期間などは設けられていないみたいです。

あと、FXHOMEのソフトウェアには返金ポリシーがあり、ソフトウェアを最初に起動してから14日以内なら返金対応してくれるみたいです。

HitFilm Igniteを使ってみた!


以前にNewBlueFX Amplify for EDIUSをインストールして使ってみたんですが、NewBlueFXの操作ウィンドウはVideoStudio Pro X5に付属していた時から苦手なんですがこちらのソフトはHITFILM 4 EXPRESSのエフェクトと同じ使い方なので個人的にはかなり使いやすいです。ただ、気になる点もいつくかありましたので実際にタイトルを立体的に出来る「3D Extrusion」を使ってみての感想です。

その他のプラグインについてはDENPO-ZIさんがAfterEffects用に作成された動画が参考になると思います。

HitFilm Igniteのプラグイン解説動画

1つ目がキーフレームを設定できますがキーフレームをグラフ化して表示できないですし補間方法も変更できないみたいです。

キーフレームはスライダー上に小さな青い点として表示されるんですが、小さ過ぎて見辛いですし、数フレーム単位でキーフレームを設定している場合などにはかなり操作し辛いと思います。尚、キーフレームはキーフレームを設定した項目を選択すると表示されます。

2つ目がHITFILM 4 EXPRESSでやれば3Dモードにしてライトが当てられるので鏡面反射などを設定するマテリアル設定でより完成度の高いタイトルが作成できますがEDIUS内ではそれが出来ないのでそれらの設定項目がありません。

HitFilm Igniteを購入すればEDIUS、AfterEffects、HITFILM 4 EXPRESS(Pro4)などでもIgniteを使えるようになると思うのでより完成度の高いものを作成したい場合はHITFILM 4 EXPRESS(Pro4)で作成したものを連番静止画としてEDIUSに取り込んだ方がいいような気がします。

HITFILMで作成したタイトルの読み込み

尚、HitFilm Igniteを購入すればHITFILM 4 Proと同じような気がしますが「Professional particle simulator」や「Advanced 3D model rendering & animation」、「4K」などのエフェクト以外の部分がかなり違うのでそのような機能を使いたい場合はProを購入する必要があると思います。

Pro vs Express 機能比較


コメントより発覚したんですが、HITFILM IgniteはHITFILM 4 EXPRESSでは使うことができません。国内の販売元であるフラッシュバックジャパンさんに確認したので間違いないと思います。

なのでHITFILM 4 EXPRESSでIgniteに含まれるエフェクトを使いたい場合は小分けにパックされたアドオンパックを購入するか、HitFilm Pro 4を購入するしかないようです。あいまいな記述をして勘違いさせてしまってたら申し訳ありませんでした。(2016.9.26 追記)

HitFilm Ignite Pro 2017の使い方