物差しクリップで簡単配置

投稿 2015年3月22日 | 更新 2015年3月22日 | 0件のコメント | その他のテクニック

タイトルにはアルファチャンネル(透過性)があるのでテキストや図形などのオブジェクト以外の部分は透けますが、その効果を利用すると意外な使い道がありそのひとつが物差しクリップです。物差しクリップとは複数のクリップを一定間隔でズラす時の物差しになるものでこれがあれば面倒な時間の計算から開放されます。

空のタイトルの作り方

空のタイトルとはクイックタイトラーでテキストや図形などのオブジェクトをなにも設置せずに保存した空のタイトルのことです。空のタイトルの作り方は居たって簡単でクリックタイトラーを起動後なにもせずにすぐに保存すれば完成です。保存方法は何でもいいんですが分かりやすい名前を付けてたほうがあとあと管理しやすいと思います。

物差しクリップを利用する

物差しフリップを作ったら次にズラす時間の長さをデュレーションで設定します。あとはタイムラインに配置してズラしたいクリップに吸着(スナップ)させるだけです。このように物差しクリップをコピー&ペーストしてクリップにスナップさせていけば難しい時間の計算も要りませんし、間違うことともないので超便利です。

尚、スナップモードを有効にしてないとこのテクニックは使えません。

イベントスナップモードを有効にして、更に[ユーザー設定]→[アプリケーション]→[タイムライン]→[イベントスナップ]の項目の[クリップ]だけにはチェックが入っている必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください