Titler Pro 5で書き出したタイトル(エッジ)が汚い場合の対処法


Titler Pro 5 for EDIUS 9をスタンドアローン(単独起動)で使用する場合は「ファイル」→「書き出し」→「ムービーを書き出し」からMOV(PNGコーデック)でアルファチャンネル付きの動画として出力することができます。なので試しにプロジェクトテンプレートを利用して出力した動画をEDIUS9に取り込んだらタイトル文字がなんか綺麗じゃなので調べたらフレームサイズに問題がありました。

拡大してみると左の文字が汚く、右の文字がきれいなのが分かると思います。

 

原因

実はTitler Pro5に用意されているプロジェクトテンプレートはあらかじめ設定されたフレームサイズがあって、この初期値はプロジェクトテンプレートごとに異なります。

なのでプロジェクトテンプレートを適用したまま出力するとこの初期値のフレームサイズで出力され、EDIUSの取り込んだ時にレイアウターによって拡大表示されるので文字が汚く見えるというのがこの現象の原因です。尚、EDIUSから起動してプロジェクトテンプレートを使う分にはフレームサイズはEDIUSのプロジェクト設定に固定されるので今回の現象は起きません。下図はプロジェクトテンプレート「Baby Daycare」のタイトル設定です。

Titler Pro5のデフォルトのフレームサイズは「1920×1080」になっているんですがプロジェクトテンプレートを適用したらフレームサイズが自動で変更されるということです。

 

 

対処法

プロジェクトテンプレートを使用する場合は適用前にフレームサイズを変更してもリサイズされるので適用後にフレームサイズを変更してやればいい訳なんですが、いちいちフレームサイズを変更するのは面倒なのでプロジェクトテンプレートを使用する場合はEDIUSから起動して動画として書き出した方が簡単だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です