キーフレームの繰り返しコピーする時に便利な操作方法

投稿 2016年3月22日 | 更新 2017年11月26日 | 0件のコメント | キーフレーム


キーフレームの繰り返しコピーする時に便利な操作方法

タイムラインカーソルを見失った場合の操作方法で似たような動画をアップしましたがほぼ同じ内容で、この記事は図のようにキーフレームをある程度のスパン作成し、それをコピーする際の操作方法です。

このような感じで数フレーム間隔のキーフレームをコピーする場合、タイムスケールを1フレームなどに拡大して作業するので1分先に移動するとかなるとスライダーで移動すると場合によってはとてつもなく移動することになります。

このような時はタイムスケールを一旦、縮小して目的付近にタイムラインカーソルを移動させてまた拡大するといった感じで作業すると思いますがもっと簡単な方法があります。

それは左下部にあるタイムコードに入力して移動する方法です。ただ、数値を入力するだけではタイムラインカーソルだけが先に移動して画面が置いてけぼりになります。

この時に赤枠で囲んだタイムスケールを設定するボタンを2回クリックするとタイムスケールの設定はそのままで設定した時間に瞬時に移動できます。

ここまでの解説の動画です。

関連カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です