PC用地デジチューナー「PIX-DT460」で番組解析に失敗して書き込めず!

2019年2月9日 2019年2月14日 0件のコメント 地デジチューナー , , ,


昨日、ピクセラのPC用地デジチューナーPIX-DT460でラ・ラ・ランドを予約録画が開始されてから20分ほど経過した頃に「リアルタイム番組解析に失敗しました。」というようなメッセージが表示されました。

 

 

録画番組をディスクにコピーできない

番組の録画自体には成功していたんですがブルーレイディスクにコピーしようとすると「書き出し中にエラーが発生しました。」と表示され、何度やっても書き出すことができませんでした。

録画データの項目にある「スキップ区間」のところは通常は「自動」になるんですが失敗する番組では「指定区間」と表示されていました。

「番組解析」とは録画中に本編とCMを識別し、再生する時にCMを「スキップ再生」したり、CMをカットしてディスクに書き込む「スキップ書込」のために必要な前処理なんですがそれが行われていないだけで書き込めないというのも腑に落ちませんが、今回のようなエラーメッセージが出ること自体初めてなので裏で何か起きているでしょうね。

実は前日にPCでちょっとトラブったのでWindows10のシステムの復元機能を使って10日ほど前の状態に戻したんですがそれが原因だとは思いますが復元機能って色々と不具合が起きますよね。取り敢えず編集画面から解析してみたんですがそれでも書き込めず。

その後もStationTV Xを再起動させたり、ディスクの交換したりしてみたんですができなくて最後にPCを再起動して書き込んだらすんなり書き込めました。(・_・)エッ….?

余談ですがアマゾンの商品を貼ってる時に気付いたんですがいつの間にか後継機種が発売されてPIX-DT460はもう販売されていないんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください