Vトラックで使える徐々に変化するブラーの作りかた


タイトルミキサーにあるブラーは好きでよく使ってるんですが、設定がなにもできないし、マスクなどのビデオフィルターと併用できないので不便ですよね。そこでVトラックやVAトラックで使える徐々に変化するブラーを作ってみました。動画内の下のものがタイトルミキサーのブラーで、上のものが今回作ったものです。

 

Vトラックで使える徐々に変化するブラーの作りかた

まず、白色で装飾無しの適当なタイトルを作り、タイムラインに配置後にデュレーションを10秒に設定し、ビデオ部にブレンドフィルターを適用。

Image 054

キーフレームを有効にして図のような直線に設定。

Image 048

フィルター2には何も設定しなくてフィルター1にブラー(半径:33)を設定。

Image 049

ミキサー部にデュレーション2秒のディゾルブ(既定値)を設定。

Image 047

これだけでそれなりのブラーは出来るんですが、ブラーの掛かり具合がイマイチなのでひと工夫しました。インフォメーションパレットのブレンドフィルターをコピーしてブレンドフィルターをふたつ設定。

Image 053

コピーしたブレンドフィルターを図のようなカーブになるように設定。

Image 050

ブラーの半径は20に設定。

Image 051

設定値は完璧な設定値ではないので好みに合わせいろいろと弄ってみて下さい。あと、完成したブレンダフィルターふたつを選択した状態でひとつのプリセットとして保存しておくと便利です。特にブレンダフィルターはキーフレームの時間軸がデュレーションの長さにあわせて変化するのでプリセットとして利用するにはとても使いやすいと思います。

プリセットの保存方法は下記リンク先の動画内で説明してますので興味がある方はそちらをご覧下さい。尚、プリセットに保存できるのはビデオ部のエフェクトだけなのでプリセットを適用する時にはミキサー部のトランジションを再設定する必要があります。

EDIUS パーン&ズームとプリセットの保存方法

ブレンドフィルターのほかに、マスクやクロミナンスにブラーを設定してチャレンジしてみましたが、ブレンドフィルターほどの効果は得られませんでした。特にマスクにブラーを設定してフィルターの強さをキーフレームで制御すれば簡単にできそうだったんですが、イマイチ思ったように出来なくて今回のような手法で作りました。

 




ダウンロード

配布ファイルはサンプル動画のプロジェクトファイルです。

ファイル名 : v_track_blur.zip

ファイルサイズ : 66.5KB

Zipファイルの解凍方法やプリセットのインポート方法などについては配布ファイルの利用についてをご覧下さい。プロジェクトファイルの場合はProバージョンだと「シーケンスのインポート」を使ってプロジェクトに読み込むことも出来ます。利用条件は動画素材やテンプレートを販売する行為以外には特にないですが筆者のYouTubeチャンネルを登録して頂けるとめっちゃ喜びますw。

v_track_blur.zip(66.5KB)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください