タイムコードだけを動画として書き出す


タイムコードだけを表示させて動画として書き出して利用すれば簡単に撮影日時の字幕を付けることができますし、スクリーン合成やマスクを使ってフレーム所を隠したり、透過させることもできます。関連記事として撮影日時の修正方法の記事もあります。

 

 

タイムコードだけを動画として書き出す MP4編

タイムラインに何もないと出力できないので空のタイトルを配置します。

クリップの右メニューからデュレーション(動画の尺)を好みで設定します。

「ユーザー設定」→「プレビュー」→「オンスクリーンディスプレイ」を開き、下図のように「通常編集時の表示」と「エクスポート時の表示」に項目にある「シーケンスTC」にチェックを入れます。表示位置や文字の大きさは好みで設定して下さい。

「ファイルへ出力」画面を開いて図のように「タイムコードを表示する」にチェックを入れてH.264/AVCで出力します。

音声が無い方がいい場合は「タイムコードだけを動画として書き出す アルファあり編」を参照して下さい。

 

 




MP4で出力した動画を透過させる

MP4(H.264/AVC)で出力した動画は透過しないのでそのままでは使いにくいですが、スクリーン合成やIgnite ExpressのDemultを使えば透過させることができます。詳しくはリンク先の記事を見て下さい。

 

 




タイムコードだけを動画として書き出す アルファあり編

アルファチャンネルがある「GrassValley HQ標準 アルファ」などで書き出すとタイムコード以外の部分は透過するので使いやすいです。ただ、動画の尺によっては容量がかなり大きくなると思うのでHDDなどのストレージ容量が少ない場合はご注意下さい。

先ほどと同じように設定して出力画面を開き、下図のように「GrassValley HQ アルファ付き 標準」を選択、「タイムコードを表示する」にチェックします。更に音なしがいい場合は「変換処理を有効にする」にチェックを入れて詳細設定を開いて「オーディオ出力」のチェックを外して出力します。

「ビデオフォーマットの変換」のチェックは外して出力しても問題なさそうなんですが、外すとアルファチャンネルが出力されないので必ずチェックを入れたままにしておいて下さい。(※Pro8で確認)

 

 




隠したい部分を消す

フレームに限らないですがタイムコードの動画にマスクを適用して隠したい部分を矩形作成で囲んで内側の不透明度を0%にすると隠したい部分を隠すことができます。

複数の矩形パスを設定できるので先頭の時間とフレームを隠したりもできます。

毎回このようなやるもの手間なので好みの表示形式にしてからアルファ出力するのが使い勝手として一番いいと思います。プロジェクトを60pにすれば60までのカウントダウンタイマー(時間エフェクトで逆方向にする)などもできますし、色々とできると思いますのでお試しください。尚、フォントの変更はできません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください