EDIUS各バージョンの起動時間を測定してみた!

投稿 2020年11月15日 | 更新 2020年11月17日 | 0件のコメント | その他


EDIUSの起動時間が各バージョン(EDIUS Neo 3.5、EDIUS Pro 8、EDIUS Pro 9、EDIUS X Pro)によってバラバラでなんか気になったのでを測定してみました。尚、PCスペック、設定、プラグインの種類などによってかなり異なってくると思うので参考程度に見て下さい。

 

計測環境

PC環境は以下のような構成です。内蔵GPUとはCPUに内蔵された映像出力機能です。

詳しいPCスペック

CPU Intel core i9-9900K (定格)
メモリ 16GB (8GB x 2枚) 3000MHz
ストレージ1 (Cドライブ in EDIUS) MVMe接続M.2-SSD 256GB (M.2 SSD 760p SSDPEKKW256G8XT)
ストレージ2 (編集用) MVMe接続M.2-SSD 1TB (WD Blue M.2 SSD SN550 WDS100T2B0C-EC)
内蔵GPU (サブディスプレイ) Intel UHD Graphics 630
外部GPU (メインディスプレイ) GeForce GTX 1050 2GB
OS Windows 10 Professionl 64bit (Ver.1909)

下図のようにEDIUSのアイコンのすぐ上にストップウォッチを配置してプロジェクト選択(スタートアップ)画面が表示されるまでの時間を計測しました。

 

EDIUS Pro 9 にインストールしているプラグイン

  • NewBlue Titler Pro 7 for EDIUS X with OFX Plug-in Bridge
  • Hitfilm Ignite Pro 2017

 

EDIUS X Pro にインストールしているプラグイン

  • Acon Digital EDIUS Editions (VST2 Plug-in)
  • NewBlue Titler Pro 7 for EDIUS X with OFX Plug-in Bridge
  • proDAD VitaScene V4 EDIUS Edition (EE)
  • Hitfilm Ignite Pro 2017

 

 




計測結果

計測結果は以下のような感じでした。

バージョン 起動時間(秒)
EDIUS Neo 3.5 (Ver 3.55) 19
EDIUS Pro 8 (Ver 8.53.3262) 15
EDIUS Pro 9 (Ver 9.52.6384) 52
EDIUS X Pro (Ver 10.00.6653) 48

9とXがほかに比べて異常に遅いのでプラグインやTitler Proの有無で違いがあるか調べてみたら以下のような感じでした。因みに表の上にあるものから順にアンインストールしています。

EDIUS X Proの結果です。プラグインがない状態だとEDIUS X Proが13秒と最速で起動するみたいです。

EDIUS X Pro
プラグイン 起動時間(秒)
Acon Digital EDIUS Editions (VST2 Plug-in) 47
OFX Plug-in Bridge 43
Titler Pro 7 for EDIUS X 42
proDAD VitaScene V4 EDIUS Edition (EE) 37
Hitfilm Ignite Pro 2017 13
プラグインフォルダ削除 7

「プラグインフォルダ削除」とは下記のEDIUSのインストールファルダにある「PlugIn」の中身を空にしてテストしたものなんですが、実際に削除してプロジェクトを起動するとエラーが出てEDIUSをプロジェクトをできなくなります。

C:\Program Files\Grass Valley\EDIUS X\PlugIn

EDIUS9の結果です。

EDIUS Pro 9
プラグイン 起動時間(秒)
OFX Plug-in Bridge 37
Titler Pro 7 for EDIUS X 40
Hitfilm Ignite Pro 2017 23
プラグインフォルダ削除 12

これらの結果からEDIUS起動時間にはプラグインソフトが大いに関係していることは明らかなようです。まったく使用していないプラグインをインストールしている場合は削除しておくと起動タイムを縮小できるかも知れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください