余白のない動画を動きを止めたまま尺を引き伸ばす


情熱大陸の動画などで使ってますが手書き文字の動画などで書き終わった文字をそのまま表示させておきたい場合がありますよね。動画に余白がたっぷりあればフリーズフレームを設定(必要に応じて音声を削除)するだけで済む話なんですが余白がなくても時間エフェクトの「速度」で引き伸ばすことができます。また、「現在位置のフレームをビンへ追加(名前を指定)」などでPNG形式で保存したものを貼り付けても透過(アルファチャンネル)させた状態でクリップを引き延ばすことができます。

 

動きを止めた状態でクリップを引き伸ばす

引き延ばしたいクリップと終端を合わせたいクリップのふたつのクリップを選択して終端から1フレーム前のところにカットポイントを入れます。

終端を合わせたいクリップを選択して右メニューからデュレーションを表示させてタイムコードをコピーします。

引き延ばしたいクリップを選択して右メニューの「時間エフェクト」→「速度」と進んで先ほどコピーしたタイムコードをデュレーションのところに貼り付けます。この時、「タイムライン上での長さを変更する」にチェックが入っていないとクリップが伸縮しないので注意して下さい。

あとは「OK」をクリックすれば完了です。

カットしたクリップを元通り繋ぐ方法などは下記の記事を参考にして下さい。 

デュレーションを簡単に調べる方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください