スケーリングによるレイアウト崩れとEDIUS8.51以前のバージョンでETL2を開く方法

投稿 2020年7月1日 | 更新 2020年7月26日 | 0件のコメント | クイックタイトラー


クイックタイトラーで作成したタイトルクリップ(Tクリップ)はPCのスケーリング(拡大縮小率)設定によってはレイアウトが崩れることがあるんですがその時の対処法とEDIUS 8.51以前のバージョンでETL2を開く方法を解説します。

 

Windowsのスケーリング設定によるレイアウト崩れ

事の発端はメインモニター(1360×768)に使っているTVが壊れて代替品が届くまでサブモニター(1920×1080)で仕方なく作業しているんですが、急に文字が小さくなって見づらかったのでWindows(図はVer.1909)のスケーリング(拡大縮小率)設定で「ディスプレイ」→「拡大縮小とレイアウト」→「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の項目を既定の100%から125%に変更したらテキストサイズが変わって結果的にレイアウトが崩れました。

EDIUSにこのような問題があること自体は縁側等で質問で知ってはいたんですが、プロジェクトファイルの販売や配布をしている身としてはスケーリングのことまで考えておかないといけないのはちょっと厄介です。

この問題はEDIUS 8 の Version 8.51 からQuick Titlerに新しいファイル形式として「xxx.etl2」というものが追加されたのでその形式で保存すればDPI設定が異なる環境で作成されたタイトルでも同じレンダリング結果が得られるそうです。

Version 8.51 新機能・変更点

「xxx.etl2」で保存するには「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ファイルの種類」で「QuickTitler ファイル(*.etl2)」を選択します。

「異なる拡張子が選択されました。保存を継続しますか?」と表示されるので「はい」を選択すると「xxx.etl2」で保存されます。

タイトルクリップは上書き保存すると元に戻す操作(Ctrl + Z)で元に戻せないので基本的にはタイトルクリップを複製してタイトル文字だけを変更して「自動で名前をつけて保存」で保存している方も多いと思いますが、一度「etl2」で保存したクリップを複製利用する場合は「自動で名前をつけて保存」で保存しても「etl2」の拡張子のまま引き継がれるようです。

 

 




スケーリング設定が異なる環境で作成されたタイトラーファイル(etl)を正しく開く方法

スケーリング設定が異なる環境で作成されたタイトルファイルを正しく開くにはそのファイルが作成されたPCのスケーリング設定値を知る必要がありますが、それが分からない場合でも「125%」「150%」「175%」などの決められた数値に設定している場合はそれらに変更してレイアウトが崩れていないか確認すればあたりを付けることは可能です。尚、Windowsのバージョンによって名称や設定方法は変わると思います。

筆者はスケーリング設定を「100%」にしているので当サイトやBOOTHで販売しているプロジェクトファイル(タイトラーファイルを含む)をスケーリング設定を「100%」以上で利用している方は修正が必要になるかもしれません。

BOOTH

修正するには、プロジェクトファイルを開いてレイアウトがおかしかったら一旦プロジェクトを保存せずに閉じ、Windowsの「設定」→「ディスプレイ」→「拡大縮小とレイアウト」→「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」と進んでスリーリング設定を「100%」にしてからプロジェクトを開きます。

ちょっと面倒ですがすべてのタイトラーファイルを「etl2」で保存し直すと筆者が意図したレイアウトが再現されると思っていたんですが、この方法でも保存時に微妙に位置や文字間隔などが変わるようです。

 

 

フォントによるレイアウト崩れ

配布先の環境にタイトル文字で使用しているフォントがインストールされていない場合も代替フォントに代わってレイアウトが崩れるかも知れません。

 

 

EDIUS 8.51以前のバージョンでETL2を開く方法 (自己責任)

ちょっと気になったので「etl2」で保存したTクリップがあるプロジェクトファイルをEDIUS Neo 3.5で開いてみました。

テストプロジェクトを作成中に EDIUS 9 でETLで保存したTクリップを複製して「etl2」で保存したら微妙に横位置がズレていました。設定を開いて文字を画面中央に配置すると動いたので位置がズレただけなのかとも思ったんですが保存したものも微妙に文字間隔が詰まっているようでした。

EDIUS 8 では保存したとおりに表示されていましたが、EDIUS Neo 3.5 ではETL2で保存したTクリップはリンク切れで読み込みすらできませんでした。

EDIUS 8.51 でクイックタイトラー起動時のデフォルトフォーマットを「etl2」になったんですが、EDIUS 8.52 よりデフォルトフォーマットを「ETLフォーマット」へ戻された経緯もあるので信用できないですね。

因みに完全に裏技的なテクニックで不具合があるかもしれませんので自己責任でやってほしいですが、「etl2」の拡張子を「etl」に変更してやると読み込みすることはできました。3.5(6.5)で読み込めたので7とかでもできると思いますが保証はできません。あとやはり微妙にズレていました。

▼参照記事

高画素密度(HiDPI)モニターなのに表示がぼやける!?HiDPIの基礎知識、設定を徹底解説

Windowsの表示サイズ変更設定(HiDPI表示)

アプリ別DPI Awareness対応表 [PDF]

Windowsと高DPIディスプレイ【その1】 8までのDPIスケーリング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください