モーショントラッキング Hitfilmと連携【攻殻 笑い男3】


「笑い男マーク(動画)」の作成したからには誰かに顔に被せて追従させたいんですが、EDIUSにはそんな機能はありません。一応、マスク内にトラッキング機能があることはあるんですが基本的にはトラッキング(追尾)した領域にエフェクトを適用してモザイク追従ぐらいしか使い道がなく残念な感じなんですよね。

そこでトラッキングしたい部分をEDIUSで書き出してそれを「Hitfilm Express 2017」のトラッキング機能でトラッキングし、更にそれをアルファ付きで書き出してEDIUSに取り込むといった工程を経ればお金を掛けずにモーショントラッキングできるのでその方法を紹介します。尚、Hitfilmの使い方は「Hitfilm…?」に記載しているのでそちらを参考にして下さい。

 

ハウツー動画

EDIUSで動画の切り出しからHitfilmでトラッキング、そして再びEDIUSに戻って合成するといった一連の流れをHitfilm初心者の方にも分かりやすいように動画にしてみました。初見の方にもなんとか分かるようにまとめたつもりですがそうなっていればいいんですが…w。

 

関連記事

 

動画の補足です。

動画内でHitfilmのプロジェクト設定をEDIUSと同じようにすると記載してますが参考動画のフォーマットに合わせてコンポジットショットを作成してそのまま出力しているのでたぶんプロジェクト設定とは関係ないとは思いますが不要なトラブルを避ける上で同じように設定するように勧めました。

あと動画内では位置のみをトラッキングする設定「Single Point(Position Only)」で行ったんですが「Double Points (Position/Scale/Ratation)」を選択すれば「位置」に加えて「大きさ」、「回転」なども同時にトラッキングできます。「Double Points」の場合はターゲットポイントが2つになってそれらの差異によって大きさや回転具合を探査しているようです。

 

関連記事

円形タイトル 【攻殻機動隊 笑い男1】
笑い男マークの動画を作る 【攻殻機動隊 笑い男2】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.